tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — HOSTS

名称

hosts – ホスト名データベース

内容

解説

hosts ファイルはネットワーク上の既知のホストに関する情報を保持します。 このファイルは DNS と NIS マップ `hosts.byaddr' および `hosts.byname' と組み合わせて使用可能です。 nsswitch.conf(5) で制御します。 各ホストに対して、1つの行に以下の情報を与えます。
インターネットアドレス
正式なホスト名
別名

各項目は任意の数の空白やタブ文字で区切られます。 ``#'' はコメントの開始を表し、これ以降の行末までの文字はこの ファイルを検索するルーチンによって解釈されません。

ネームサーバ named(8) 使用時には、このファイルはネームサーバが動作していない時の予備として 機能します。 ネームサーバのために、ごく少数のアドレスがこのファイルに含まれて いなければなりません。 これらはブート時に ifconfig(8) が必要とするローカルインタフェースのアドレス、およびローカルネットワーク 上の少数のマシンを含みます。

このファイルは Network Information Control Center ( NIC) で保守された正式なホストデータベースから作成されますが、非公式な別名や 未知のホストに関しては、ローカルでの変更を最新に保つ必要があります。 NIC で保守されたデータベースは不完全なので、 DARPA インターネット上のサイトではネームサーバの使用が推奨されます。

ネットワークアドレスは、インターネットアドレス操作ライブラリ inet(3)inet_addr(3) ルーチンを用いた伝統的な ``.'' (ドット) 表記で指定されます。 ホスト名は、フィールド区切り文字、改行、およびコメント文字 以外のあらゆる印字可能文字を含むことができます。

関連ファイル

/etc/hosts
  hosts ファイルは /etc に存在します。

関連項目

gethostbyname(3), nsswitch.conf(5), ifconfig(8), named(8)

Name Server Operations Guide for BIND,

歴史

hosts ファイルフォーマットは BSD 4.2 から登場しました。

HOSTS (5) December 11, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

C isn't that hard: void (*(*f[])())() defines f as an array of unspecified size, of pointers to functions that return pointers to functions that return void