tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — GETUSERSHELL

名称

getusershell, setusershell, endusershell – 正規ユーザシェルを取得

内容

ライブラリ

Standard C Library (libc, -lc)

書式

#include <unistd.h>

char *
getusershell(void);

void
setusershell(void);

void
endusershell(void);

解説

getusershell() 関数は、システム管理者がファイル /etc/shells に定義している正規ユーザシェルのポインタを返します。 /etc/shells が読み込めないかまたは存在しない場合、 getusershell() は、あたかも /bin/sh および /bin/csh がファイルにリストされていたかのように挙動します。

getusershell() 関数は (必要ならばファイルをオープンして) 次の行を読み込みます。 setusershell() 関数はファイルの先頭まで戻り、 endusershell() 関数はファイルをクローズします。

関連ファイル

/etc/shells
 

診断

getusershell() ルーチンは、 EOF で ヌルポインタ (0) を返します。

関連項目

shells(5)

歴史

getusershell() 関数は BSD 4.3 ではじめて登場しました。

バグ

getusershell() 関数は、処理結果を内部の静的オブジェクトに残し、その オブジェクトのポインタを返します。以後 getusershell() を呼び出すと、同じオブジェクトを変更します。

GETUSERSHELL (3) June 4, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.