tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — INTRO

名称

intro – C ライブラリの手引

内容

解説

本節では C ライブラリ関数とエラー時の返却値、他の共通定義、そして設計 概念について概説します。これらの関数のほとんどが C ライブラリである libc から利用可能です。 その他のライブラリ、例えば数学ライブラリである libm 等を利用する場合には、コンパイル時にコンパイラの -l オプションを付加して、その利用を指示する必要があります。

各種ライブラリ一覧 (括弧内はローダフラグ):
libc(Pq) -l c
  標準 C ライブラリ関数。 C コンパイラ cc(1) を使うときは、ローダフラグ -l c を指定する必要はありません。 libc の内部にはいくつかの `ライブラリ' または関数グループが含まれます。これらは、 標準 I/O ルーチン、データベース・ルーチン、ビット・オペレータ、ストリング・ オペレータ、キャラクタ試験とキャラクタ・オペレータ、des 暗号ルーチン、 記憶割当、時間関数、信号処理他です。
libcurses(Pq) -l curses -l termcap
  2 次元非ビットマップ・ディスプレィ端末用の端末独立 スクリーン管理ルーチン ( ncurses(3) を参照)。
libcompat(Pq) -l compat
  廃止されているが、 BSD 4.3 との互換性の生成に使える関数。特に、ソース・コード の互換性確保のために、 BSD の旧リリースで提供された各種のシステム・ コール・インタフェースが含まれています。これらのルーチンの使用は、 できるだけ避けるべきです。マニュアル・ページの互換性ルーチンの見出し項目に 使用すべき適切なインタフェースが表示されています。
libkvm(Pq) -l kvm
  カーネル・メモリへのアクセスに使われる関数はこのライブラリにあります。 実行中のシステムとクラッシュ・ダンプの両方に使用できます ( kvm(3) を参照)。
libl(Pq) -l l
  lex(1) 用ライブラリ
libm(Pq) -l m
  数学ライブラリ、 libm。 数学ライブラリは Pascal コンパイラ が必要なときにロードされますが、 -l m フラッグを要求する C コンパイラからは ロードされません ( math(3) を参照)。
libmp(Pq) -l mp
libtermcap(Pq) -l termcap
  端末独立操作ライブラリ・パッケージ ( termcap(3) を参照 )。
liby(Pq) -l y
  yacc(1) 用ライブラリ

関連ファイル

/usr/lib/libc.a C ライブラリ
/usr/lib/libc_p.a
  プロファイリングにコンパイルされた C ライブラリ
/usr/lib/libm.a 数学ライブラリ
/usr/lib/libm_p.a
  プロファイリングにコンパイルされた数学ライブラリ

関連項目

cc(1), ld(1), nm(1), intro(2), math(3), stdio(3)

歴史

intro マニュアルは AT&T v7 で取り入れられました。

BSD 4 INTRO (3) June 5, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

This philosophy, in the hands of amateurs, leads to inexplicably mind-numbing botches like the existence of two programs, “head” and “tail,” which print the first part or the last part of a file, depending. Even though their operations are duals of one another, “head” and “tail” are different programs, written by different authors, and take different options!
— The Unix Haters' handbook