tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — PSIGNAL

名称

psignal, strsignal, sys_siglist, sys_signame – システムシグナルメッセージ

内容

ライブラリ

Standard C Library (libc, -lc)

書式

#include <signal.h>

void
psignal(unsigned sig, const char *s);
extern const char * const sys_siglist[];
extern const char * const sys_signame[];
#include <string.h>

char *
strsignal(int sig);

解説

関数 psignal()strsignal() は指定されたシグナル番号の説明メッセージ文字列を特定します。

strsignal() 関数は、シグナル番号引数 sig を取り、対応するメッセージ文字列へのポインタを返します。

psignal() 関数は、シグナル番号引数 sig を取り、標準エラーへ書き込みます。 引数 s NULL ではなく、ヌル文字を指していない場合、 メッセージ文字列の前に s が標準エラーファイル記述子に書き込まれ、 その直後にコロンとスペースが続きます。 シグナル番号が認識されない場合 (sigaction(2)) 文字列 ""Unknown signal" が書き込まれます。

メッセージ文字列には、 認識されたシグナル番号のインデックスが付いた外部配列 sys_siglist で直接アクセスできます。外部配列 sys_signame も同じように使用できます。 この外部配列には、シグナルの簡潔な省略形が小文字で含まれています。 この省略形は、ユーザ入力でシグナル名を認識する場合に便利です。 定義済み変数 NSIG には、 sys_siglist sys_signame の文字列数が含まれています。

関連項目

sigaction(2), perror(3), strerror(3)

歴史

psignal() 関数は、 BSD 4.2 に追加されました。

PSIGNAL (3) February 27, 1995

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

VI = Virtually Incomprehensible.