tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — i4bipr

名称

i4bipr – ISDN B チャネルを用いた IP 伝送のための isdn4bsd ネットワークドライバ

内容

FreeBSD での書式

pseudo-device "i4bipr" Op count

NetBSD での書式

なし

解説

i4bipr ドライバは、オペレーティングシステム内の IP サブシステムと isdn4bsd パッケージの仲介をすることによって、ISDN 接続を用いた IP パケットの 伝送を可能にします。

このドライバは、先頭や後尾に何も追加せずに IP パケットを B チャネルの HDLC パケットに載せてリモートサイトに送信します。 リモートサイトから受信された IP パケットはローカルな IP プロトコル スタックに追加されます。

B チャネルに載せられたパケットのフォーマットは次のようになります:

    (HDLC 開始フラグ) (IP パケット) (CRC) (HDLC 終了フラグ)

リモートサイトへの IP パケットがドライバに届いたのにそこへの接続が 未確立であるときには、このドライバは isdnd(8) デーモンと通信して接続を確立します。

ipr インタフェースに対して tcpdump(1) コマンドを使えるようにするために、このドライバは bpf(4) サブシステムと通信できます。

このドライバは (IPR_VJ オプションを付けてコンパイルされているとき) Van Jacobsen ヘッダ圧縮の機能を持ちます。これは ifconfig(8) の link0 および link1 オプションを使って制御できます:

link0 このインタフェースからの送信パケットに VJ 圧縮を施し、受信パケットは 伸長される必要があると仮定します。
link1 受信パケットに Van Jacobsen 圧縮がなされているかどうかチェックします; 圧縮されていると思われるときは自動的に link0 がセットされます。

デフォルトでは link1 on link0 off です。

関連項目

isdnd(8) isdnd.rc(5) bpf(4) tcpdump(1)

作者

i4bipr デバイスドライバとこのマニュアルページは Hellmuth Michaelis が 作成しました。hm@kts.org で彼に連絡できます。

i4bipr (4) July 6, 1998

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Unix is the answer, but only if you phrase the question very carefully.
— Belinda Asbell