tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — LE

名称

le – DEC EtherWORKS II/III イーサネットデバイスドライバ

内容

書式

device le0 at isa? port 0x300 net irq 5 iomem 0xd0000

解説

le ドライバは、後期の Digital Equipment EtherWORKS II (DE200, DE201, DE202, DE422) と DEC EtherWORKS III (DE203, DE204, DE205) NIC のサポートを提供します。

le ドライバのための有効な IRQ 設定は 5, 10, 11, 15 です。

診断

le%d: not configured -- too many devices 1 台のマシンに許される le デバイスの数には制限があります。
le%d: lemac configuration error: expected IRQ 0x%x actual 0x%x 検出された IRQ 値は、カーネル設定ファイルで指定される値と一致しません でした。カードを変更するか、新しいカーネルを構築しなければなりません。
le%d: lemac configuration error: expected iomem 0x%x actual 0x%x 検出された iomem 値は、カーネル設定ファイルで指定される値と一致しませ んでした。 カードを変更するか、新しいカーネルを構築しなければなりません。
le%d: reset: EEPROM checksum failed (0x%x) EEPROM 内の情報が正確であるということに le ドライバは依存します。このエラーが発生するならば、カードを変更してください。
le%d: fatal RXD error, attempting recovery
le%d: recovery failed -- board disabled
  受信エラーが発生しました。ドライバは、このエラーから回復しようとします。 しかし、それが不可能な場合、ドライバはカードをシャットダウンします。
le%d: lance: warning: excessive collisions: TDR%dns (%d-%dm) 極めて多くのイーサネットコリジョンが検出されました。ネットワークが非常 に混雑している場合かもしれません。あるいは、これは EtherWORKS カードに よる問題を示唆するかもしれません。

関連項目

arp(4), netintro(4), config(8), ifconfig(8)

Building 4.3 BSD UNIX System with Config,

歴史

le デバイスドライバは、 FreeBSD 2.0 で存在しました。

作者

le デバイスドライバは、 Matt Thomas が書きました。 このマニュアルページは、 David E. O'Brien が書きました。

FreeBSD LE (4) January 19, 1997

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Hang in there, people suffering from natural disasters and deadly diseases - we're putting ribbons on our cars as fast as we can
— Artur Bagyants