tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — PLIP

名称

plip – パラレルポートネットワークインタフェース

内容

書式

device plip at ppbus?

解説

plip ドライバは lp(4) ドライバを ppbus(4) システムへ移植したものです。

この移植の 1 つの目的は、 パラレルポートを他のパラレルデバイスと共有できるようにすることです。 パラレルポートバスの割り当てが元の lp(4) ドライバに追加されています。 また、inb()/outb() の呼び出しは ppbus の関数への呼び出しに置き換えられています。 plip は ppbus インタフェースのおかげで、現在アーキテクチャ独立となっています。 ppbus システムの詳細な情報については ppbus(4) を参照してください。

ppbus はパラレルネットワークインタフェースが up になった時に割り当てられ、 インタフェースが down になると開放されます。 その結果、ネットワークインタフェースが up の時は、 パラレルポートバスは他のデバイスから使用できなくなります。 plip は割り込み駆動であり、 パラレルポートの割り込みを受け取るためにバスを保有する必要があります。

あなたの MACHINE ファイルの ppc(4) のエントリに net 割り込みレベルが定義されていることを確認してください...

関連項目

ppbus(4), lp(4),

歴史

plip マニュアルページは FreeBSD 3.0 で登場しました。

作者

このマニュアルページは Nicolas Souchu が書きました。

FreeBSD PLIP (4) March 5, 1998

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.