tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — GROUP

名称

group – グループ許可ファイルのフォーマット

内容

解説

group ファイルは、グループ情報のローカルソースです。 Hesiod ドメイン `group' や、 NIS マップの `group.byname' および `group.bygid' と組み合わせて 使用可能であり、これは nsswitch.conf(5) で制御されます。

group ファイルは改行で区切られた ASCII レコードから成ります。1 レコードが 1 グループに対応し、コロン ‘:’ で区切られた 4 つの欄から成ります。 これらの欄の意味は以下のとおりです:
group そのグループの名前。
passwd グループの 暗号化された パスワード。
gid そのグループの 10 進数 ID。
member グループメンバ。

最初の非空白文字がポンドサイン (#) である行はコメントであり、無視されます。 空白・タブ・改行のみからなる行は空行であり、これも無視されます。

group 欄は、そのグループのメンバであるユーザにファイルアクセスを許可するために 用いる、グループの名前です。 gid 欄はそのグループ名に結び付けられた番号です。両者はファイルアクセスを制御 しますので、システム (またしばしば複数システムの 1 グループ) 中で一意的で ある必要があります。 passwd 欄はなくてもいい 暗号化された パスワードです。この欄はめったに用いられるこ とはなく、通常ブランクにしておくよりもむしろアスタリスクが置かれます。 member 欄は group の権利を許可されたユーザの名前を含んでいます。メンバ名は空白や改行なし にコンマで区切られます。ユーザの /etc/passwd エントリ中にグループが指定されていれば自動的にそのグループに入ることに なりますので、 group ファイル中にそのユーザを追加する必要はありません。

制限

様々な制限事項が該当する機能のところで説明されています。 関連項目 の節を参照してください。

古い実装においては、 1 つのグループは 200 以上のメンバを持つことはできず、 /etc/group の最大行長は 1024 文字でした。それより長い行は読み飛ばされました。 この制限は FreeBSD 3.0 でなくなりました。 静的にリンクされた古いバイナリ、古い共有ライブラリに依存する古いバイナリ、 互換モードにおける非 FreeBSD のバイナリには、まだこの制限があるかもしれません。

関連ファイル

/etc/group
 

関連項目

passwd(1), setgroups(2), crypt(3), getgrent(3), initgroups(3), nsswitch.conf(5), passwd(5), pw(8), yp(8)

バグ

passwd(1) コマンドは group パスワードを変更しません。

歴史

group ファイルフォーマットは AT&T v6 で現われました。 コメントサポートは FreeBSD 3.0 で最初に現われました。

GROUP (5) September 29, 1994

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.