tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — COMSAT

名称

comsat – biff サーバ

内容

書式


comsat

解説

comsat ユーティリティは受信メールのレポートを受け取り、 サービスを要求しているユーザに対して通知を行なうサーバプロセスです。 comsat ユーティリティは、 "biff" サービス仕様 ( services(5) および inetd(8) を参照) に関連するデータグラムポートのメッセージを受信します。 1 行メッセージは次の形式です:

もし、この user がシステムにログインしていて、割り当てられた端末の所有者実行ビットが ( "biff" によって) ON になっていれば、 offset はメールボックスのシークオフセットとして使用され、 メッセージの先頭 7 行か、もしくは 560 文字がユーザの端末に表示されます。 "From", "To", "Date", "Subject" 以外のメッセージヘッダの一部とみなされる行は、 表示されるメッセージに含まれません。

指定された user がこのシステムにログインしていて、 そのユーザに結び付けられている端末のグループ実行ビットが ( "biff" によって) オンにされている場合、 2 個のベル文字 ( ASCII \007) がそのユーザの端末に表示されます。

mailbox-name を省略した場合, システム標準のメールボックスを監視します。

関連ファイル

/var/run/utmp 誰がどの端末でログオンしたかを識別します。
/var/mail/user
  システム標準のメールボックスです。

関連項目

biff(1), inetd(8)

バグ

メッセージヘッダのフィルタリングは誤りがちです。 表示される情報は、最低限のものです。

現在ログインしているマシン以外のマシンへのメールの到着は、 ユーザに通知されるべきです。

スクリーン表示を分かりやすくするために、通知は別のウィンドウに 表示されるべきです。

歴史

comsat ユーティリティは BSD 4.2 から登場しました。

COMSAT (8) July 9, 2002

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Never write it in C if you can do it in `awk';
Never do it in `awk' if `sed' can handle it;
Never use `sed' when `tr' can do the job;
Never invoke `tr' when `cat' is sufficient;
Avoid using `cat' whenever possible.
— Taylor's Laws of Programming