tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — CONSCONTROL

名称

conscontrol – 物理コンソールデバイスの制御

内容

書式


conscontrol [ list]
conscontrol mute on | off
conscontrol add | delete console

解説

conscontrol ユーティリティは、仮想コンソールデバイスの背後にある物理デバイスを 検査したり変更したりするために使用します。 引数を指定しないと (または list コマンドのみを指定すると)、 現在のコンソール設定が表示されます。

論理コンソールには 2 種類あります。 それは、 /dev/console で表現される高レベルコンソールと、低レベルコンソールです。 低レベルコンソールは、カーネルの printf(9)ddb(4) デバッガサポートに使用され、高レベルコンソールは syslogd(8) などのユーザプログラムに使用されます。 複数デバイスサポートは、低レベルコンソールに対してのみ実装されています。 高レベルコンソールは、コンソールリストの最初のデバイスに設定されます。

複数コンソールサポートの起動は、ブートローダから -D フラグをカーネルに渡すか、システムブート完了後に conscontrol を使用してコンソールデバイスのリストを変更することで可能です。

次のオプションが使用可能です:
add | delete console
  論理コンソールに対し、物理デバイスを追加または削除します。 対象デバイスは、低レベルコンソール操作をサポートすることが必要です。 デバイスを追加すると、それはコンソールデバイスリストの先頭に置かれます。 最初のデバイスが、高レベルコンソールとして使用されます。

console 引数は /dev にあるコンソールデバイスの名前です。 ディレクトリ名は省略可能です。

mute on | off
  コンソールのミュート状態を変更します。 コンソールのミュートが on の場合、すべてのコンソール出力が抑制されます。
set console | unset
  仮想コンソールを設定もしくは設定解除します。 設定解除の場合、 カーネル printf(9) のようなシステムからの出力は、常にメインの実コンソールに出力されます。 設定された場合には、別のコンソールに出力されます。 これは tty ioctl TIOCCONS へのインタフェースです。

関連項目

sio(4), syscons(4) [英語], tty(4), boot(8), loader(8)

歴史

conscontrol ユーティリティが最初に登場したのは FreeBSD 5.0 です

作者

Jonathan Lemon

CONSCONTROL (8) October 23, 2001

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.