tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — PRINTF

名称

printf – フォーマットされた出力の変換

内容

書式

#include <sys/types.h>
#include <sys/systm.h>

int
printf(const char *fmt, ...);

void
tprintf(struct proc *p, int pri, const char *fmt, ...);

int
uprintf(const char *fmt, ...);
#include <sys/syslog.h>

void
log(int pri, const char *fmt, ...);

解説

printf(9) ファミリの関数は printf(3) ファミリの関数と類似しています。 この異なった関数はそれぞれ異なった出力ストリームを使用します。 uprintf() 関数は現在のプロセスが制御している tty に出力しますが、 printf() はロギングファシリティおよびコンソールに出力します。 tprintf() 関数は pri が -1 でない場合には、プロセス p に関連づけられた tty およびロギングファシリティに出力します。 log() 関数は pri によって示されたログレベルを使用して、 カーネルのロギングファシリティにメッセージを送ります。

これらそれぞれの関連した関数は、 printf(3) と同じ方法で fmt パラメータを使用します。 しかしながら、 printf(9) は 2 つの他の変換指定子を追加しています。

%b 識別子は 2 つの引数を期待します。 int および char * です。 これらはビットマスクのデコードのため、 レジスタ値と印字マスクとして使用されます。 この印字マスクは 2 つの部分で構成されます。 基数と引数です。 基数値は整数値として表現される出力の基数です。 例えば、\10 は 8 進数を \20 は 16 進数を与えます。 引数はビット識別子の並びとして構成されます。 個々のビット識別子はこの識別子が表すビット番号の整数値で始まります。 識別子の残り部分はそのビットの名前を含む文字列です。 この文字列は次のビット識別子の始まりのビット番号、 または最後のビット識別子のために NUL で終端されます。

%D 識別子は 16 進ダンプを補助することを意図されています。 %D これは 2 つの引数を要求します。 u_char * ポインタおよび char * 文字列です。 ポインタが指しているメモリは、16 進数で一度に 1 バイト出力されます。 文字列は個々のバイトの間のデリミタとして使用されます。 もし存在すれば、幅ディレクティブが表示するバイト数を指定します。 デフォルトでは、16 バイトのデータが出力されます。

log() 関数はその pri 引数 (ここは誤解されて 'priority (優先度)' と呼ばれていた) に syslog(3) のレベル値の LOG_DEBUG から LOG_EMERG までを使用します。 代わりに、 pri に -1 が与えられた場合には、そのメッセージはその前の log() の呼び出しによって開始された、最近のログメッセージに追加されます。 これらのメッセージはカーネル自身によって生成されるため、 このファシリティは常に LOG_KERN となります。

戻り値

printf() および uprintf() 関数は表示された文字数を返します。

使用例

この使用例は %b および %D 変換指定子の使用方法を示しています。 関数
void
printf_test(void)
{

        printf("reg=%b\n", 3, "\10\2BITTWO\1BITONE\n");         printf("out: %4D\n", "AAAA", ":"); }

は下記の出力を発生させます。

reg=3<BITTWO,BITONE>
out: 41:41:41:41

この呼び出し

log(LOG_DEBUG, "%s%d: been there.\n", sc->sc_name, sc->sc_unit);

は適切なデバッグメッセージを優先度 "kern.debug" でシステムログに追加します。

関連項目

printf(3), syslog(3)

PRINTF (9) August 10, 2004

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

If it wasn't for C, we'd be using BASI, PASAL and OBOL