tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — EXTATTRCTL

名称

extattrctl – UFS1 拡張属性の管理

内容

書式


extattrctl start path
extattrctl stop path
extattrctl initattr [-f] [-p path] attrsize attrfile
extattrctl showattr attrfile
extattrctl enable path attrnamespace attrname attrfile
extattrctl disable path attrnamespace attrname

解説

extattrctl ユーティリティは、 UFS1 ファイルシステムの拡張属性を管理するためのユーティリティです。 ファイルシステム上の拡張属性機能の開始および停止、 属性保存ファイル (attribute backing file) の初期化、 ファイルシステム上の特定の拡張属性の有効化および無効化が可能です。

コマンド行上の最初の引数が、実行すべき操作を指定します。 操作は次のいずれかひとつです:
start path
  path で指定されるファイルシステム上での拡張属性サポートを開始します。 ファイルシステムは UFS1 ファイルシステムであることと、 UFS_EXTATTR カーネルオプションが有効化されていることが必要です。
stop path
  path で指定されるファイルシステム上での拡張属性サポートを停止します。 以前に、拡張属性サポートが開始されていることが必要です。
initattr [-f] [-p path] attrsize attrfile 属性保存ファイルとして使用するファイルを作成し初期化します。 attrsize には、inode ごとの最大属性サイズをバイト単位で指定し、 attrfile には、属性を格納すべきファイルを指定します。

-f 引数を指定し、既存の属性保存ファイルを上書きしても良いことを指定可能です。 指定しない場合には、対象ファイルが存在すると、エラーが返されます。

疎なファイルが空間を節約することを期待する代りに、 -p path 引数を指定することで全属性用の空間を前もって割り当てることができます。 属性が書き込まれる時点でそのための空間が存在することを保証することで、 ディスク空間が足りない状態でも 属性サービスが拒否されてしまうことを避けられることが利点です。

initattr 実行前にこのファイルが存在してはなりません。

showattr attrfile
  属性ファイル attrfile 中の属性ヘッダ値を表示します。
enable path attrnamespace attrname attrfile
  名前空間 attrnamespace 中の属性 attrname を、ファイルシステム path 上で有効化します。 属性は、初期化済の属性保存ファイル attrfile に保存されているものが使用されます。 使用可能な名前空間は "user" と "system" です。 保存ファイルは、最初に使用する前に、 initattr で初期化済であることが必要です。 属性を有効化する前には、 指定したファイルシステム上で属性機能が開始されていることが必要です。
disable path attrnamespace attrname
  名前空間 attrnamespace 中の属性 attrname を、ファイルシステム path 上で無効化します。 使用可能な名前空間は "user" と "system" です。 指定したファイルシステム上で属性機能が開始されていることと、 指定した属性が enable で有効化されていることが必要です。

使用例

    extattrctl start /

ルートファイルシステム上の拡張属性機能を開始します。

    extattrctl initattr 17 /.attribute/system/md5

属性保存ファイルを /.attribute/system/md5 に作成し、各属性のサイズを 17 バイトに、 属性の格納に疎なファイルを使用します。

    extattrctl enable / system md5 /.attribute/system/md5

ルートファイルシステム上の md5 属性を有効にします。 使用する md5 属性は /.attribute/system/md5 に保存されているものです。

    extattrctl disable / md5

ルートファイルシステム上の md5 属性を無効化します。

    extattrctl stop /

ルートファイルシステム上の拡張属性機能を停止します。

関連項目

ffs(7) [英語], getextattr(8), setextattr(8), extattr(9)

歴史

拡張属性サポートは、 TrustedBSD Project の一部として開発され、 FreeBSD 5.0 で導入されました。 各ファイルやディレクトリが追加ラベルを持つことを必要とするような セキュリティ拡張のために、この開発が行われました。

作者

Robert N M Watson

EXTATTRCTL (8) March 30, 2000

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

The most horrifying thing about Unix is that, no matter how many times you hit yourself over the head with it, you never quite manage to lose consciousness. It just goes on and on.
— Patrick Sobalvarro