tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — RMEXTATTR

名称

getextattr, lsextattr, rmextattr, setextattr – 拡張属性の操作

内容

書式


getextattr [-fhqsx] attrnamespace attrname filename ...
lsextattr [-fhq] attrnamespace filename ...
rmextattr [-fhq] attrnamespace attrname filename ...
setextattr [-fhnq] attrnamespace attrname attrvalue filename ...

解説

これらのユーティリティは、 ファイルおよびディレクトリ中の指定された拡張属性を操作するための ユーザツールです。 attrnamespace 引数は取り出し対象の属性の名前空間であり、 正当な値は user および system です。 attrname 引数は属性名、 filename 引数はターゲットファイルまたはディレクトリの名前、 attrvalue 引数は属性に格納する文字列です。

次のオプションが使用可能です:
-f
  (強制) 各ファイル名に対するエラーを無視し、残りの引数に対して処理を続行します。
-h
  (非追跡) ファイルがシンボリックリンクの場合、 リンクで指されるファイルではなくリンク自身に対して操作を実行します。
-n
  ( NUL 終端) 出力中の内容の部分を NUL 終端します。
-q
  (静寂) パス名を表示せず、エラーメッセージを抑制します。
-s
  (文字列化) 非表示文字をエスケープし、出力をクォートで括ります。
-x
  (16 進数) 出力を 16 進数で表示します。

使用例

setextattr system md5 `md5 -q /boot/kernel/kernel` /boot/kernel/kernel
getextattr system md5 /boot/kernel/kernel
lsextattr system /boot/kernel/kernel
rmextattr system md5 /boot/kernel/kernel

関連項目

extattr(2), extattr(3) [英語], extattrctl(8), extattr(9)

歴史

拡張属性サポートは、 TrustedBSD Project の一部として開発され、 FreeBSD 5.0 で導入されました。 各ファイルやディレクトリが追加ラベルを持つことを必要とするような セキュリティ拡張のために、この開発が行われました。

作者

Robert N M Watson Poul-Henning Kamp

バグ

setextattr ユーティリティは、属性に対して文字列を設定するためだけに使用できます。

RMEXTATTR (8) August 30, 2000

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

The most horrifying thing about Unix is that, no matter how many times you hit yourself over the head with it, you never quite manage to lose consciousness. It just goes on and on.
— Patrick Sobalvarro