tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — FSCK_MSDOSFS

名称

fsck_msdosfs – DOS/Windows (FAT) ファイルシステムの一貫性チェッカ

内容

書式


fsck_msdosfs -p [-f] filesystem ...
fsck_msdosfs [-fny] filesystem ...

解説

fsck_msdosfs ユーティリティは FAT ファイルシステム (もっと一般的には DOS ファイルシステムとして知られている) を検証し修復します。

fsck_msdosfs の最初の書式は、指定されたファイルシステムを整えます。 これは通常、自動リブートの際 FAT ファイルシステムが検出されると、 /etc/rc から fsck(8) によって起動されます。 ファイルシステムを整えている際、 fsck_msdosfs は、普通の矛盾を自動的に修復します。 さらに深刻な問題が発見された場合、 fsck_msdosfs は、それらを修復しようとはせずに、 修復が失敗したことを示して終了します。

fsck_msdosfs の 2 番目の形式は、指定されたファイルシステムをチェックし、 変更前に確認を常に取りながら、検出された全ての矛盾を修復しようとします。

以下のオプションが利用できます:
-F
  ラッパ fsck(8) と互換性のある動作をし、 フォアグラウンドですぐにファイルシステムをきれいにしなければならないか、 バックグラウンドに回しても構わないかを判断しようとします。 FAT (MS-DOS) ファイルシステムのクリーニングは、 常にフォアグラウンドで行われなければなりません。 このオプションでは、常に 0 以外の終了コードが返ります。
-f
  preen の時に "クリーンな" ファイルシステムを fsck_msdosfs に強制的に確認させます。
-n
  fsck_msdosfs は、 "CONTINUE?" 以外の全ての質問に "no" と答えるものとみなして動作します。
-p
  指定されたファイルシステムを整えます。
-y
  fsck_msdosfs は、全ての質問に "yes" と答えるものとみなして 動作します。

関連項目

fsck(8), fsck_ffs(8), mount_msdosfs(8)

バグ

fsck_msdosfs ユーティリティは、現状開発途上です。

歴史

fsck_msdosfs ユーティリティは FreeBSD 4.4 で初めて登場しました。

FSCK_MSDOSFS (8) August 13, 1995

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

C isn't that hard: void (*(*f[])())() defines f as an array of unspecified size, of pointers to functions that return pointers to functions that return void