tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — NDP

名称

ndp – IPv6 近接探索プロトコルを制御 / 診断する

内容

書式


ndp [-nt] hostname
ndp [-nt] -a | -c | -p
ndp [-nt] -r
ndp [-nt] -H | -P | -R
ndp [-nt] -A wait
ndp [-nt] -d hostname
ndp [-nt] -f filename
ndp [-nt] -i interface [flags ...]
ndp [-nt] -I [interface |delete]
ndp [-nt] -s nodename etheraddr [temp] [proxy]

解説

ndp ユーティリティは 近隣探索プロトコル (NDP) で使用される アドレスマッピングテーブルを操作します。
-a
  現在存在する NDP エントリをダンプします。 次の情報が表示されます:
Neighbor 近隣の IPv6 アドレス。
Linklayer Address
  近隣のリンク層アドレス。 アドレスが使用可能ではない場合 "(incomplete)" となります。
Netif 近隣キャッシュエントリに関連付けられたネットワークインタフェース。
Expire エントリの満了までの時間。 エントリは "permanent" であることも可能であり、この場合は永遠に満了しません。
S 近隣キャッシュエントリの状態であり、1 文字です:

N Nostate
W Waitdelete
I Incomplete
R Reachable
S Stale
D Delay
P Probe
? 未知の状態 (この状態にはならないはずです)。
Flags 近隣キャッシュエントリのフラグであり、1 文字です。 フラグは次の通りです: ルータであり、近隣通知を代理 ("p") 。 このフィールドには 10 進数値が続くことがあります。 この数値は、現在の状態の間に、このノードが送出した NS プローブ数です。
-A wait
  -a (NDP エントリのダンプ) を wait 秒毎に繰り返します。
-c
  全ての NDP エントリを削除します。
-d
  指定された NDP エントリを削除します。
-f
  filename で指定されたファイルを解析します。
-H
  ルーティングテーブルとデフォルトルータリストを 一致させます; リストの先頭のエントリをカーネルの ルーティングテーブルリストにインストールします。
-I
  デフォルトルータが存在しないとき、 デフォルト経路として使用するデフォルトインタフェースを表示します。
-I interface
  デフォルトルータが存在しないとき、 デフォルト経路として使用するデフォルトインタフェースを指定します。 interface がデフォルトとして使用されます。
-Idelete
  現在のデフォルトインタフェースをカーネルから削除します。
-i interface [flags ...]
  指定されたインタフェースの ND 情報を表示します。 追加の引数として flags を指定すると、 ndp は、そのフラグをインタフェースに対して設定または削除します。 各フラグは、空白かタブ文字で区切る必要があります。 指定可能なフラグは次の通りです。 すべてのフラグは特殊文字 ‘-’ で開始可能であり、これはフラグを削除することを意味します。 この場合、 -foo の前に -- が必要であることに注意してください。

nud インタフェースの NUD (Neighbor Unreachability Detection; 隣に到達不能であることの検知) を、 オンまたはオフにします。 通常、NUD はデフォルトでオンです。
accept_rtadv
  interface で受信したルータ通知 (Router Advertisement) メッセージを 受理するかどうかを指定します。 このフラグがオンであったとしても、 net.inet6.ip6.accept_rtadv が非 0 でない限り、カーネルはルータ通知メッセージを受理しません。 このフラグはデフォルトで 1 です。
prefer_source
  出力パケット用の始点アドレス候補として interface 上のアドレスを優先します。 始点アドレス選択のアルゴリズム全体に関する更なる詳細については、 KAME キットと共に提供される IMPLEMENTATION ファイルを参照してください。
-n
  数値アドレスからホスト名への解決を試みません。
-p
  プレフィックスリストを表示します。
-P
  プレフィックスリスト中の全てのエントリをフラッシュします。
-r
  デフォルトルータリストを表示します。
-R
  デフォルトルータリスト中の全てのエントリをフラッシュします。
-s
  ノードに対する NDP エントリを登録します。 コマンド上で語 temp を指定しない限り、エントリは永続的です。 語 proxy を指定すると、このシステムは代理 NDP サーバとして動作します。 すなわち、ホストアドレスが自己のものでなくても、 hostname に対する要求に応答します。
-t
  tcpdump の出力と統合可能にするために、 各エントリ毎にタイムスタンプを表示します。 -A とともに用いると有効です。

診断

The utility exits 0 on success, and >0 if an error occurs.

関連項目

arp(8)

歴史

ndp ユーティリティは WIDE Hydrangea IPv6 プロトコルスタックキットで はじめて登場しました。

NDP (8) May 17, 1998

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Modern Unix impedes progress in computer science, wastes billions of dollars, and destroys the common sense of many who seriously use it.
— The Unix Haters' handbook