tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — PAC

名称

pac – プリンタ/プロッタのアカウンティング情報

内容

書式


pac [-P printer] [-c] [-m] [-p price] [-s] [-r] [name ...]

解説

pac ユーティリティは、プリンタ/プロッタのアカウンティングファイルを読み、 各ユーザが消費した紙の枚数 (通常の場合) や長さ (ラスタデバイスの場合) の累計を計算し、各ユーザがどれだけ紙を使ったかを計算し、ページ数や紙の 長さや金額で表示します。

オプションおよびオペランドとしては以下のものがあります:
-P printer
  指定したプリンタでのアカウンティングを見ます。 これをつけない場合は、デフォルトのプリンタ (サイト依存) か、 環境変数 PRINTER の値が使われます。
-c 出力を金額でソートします。通常の場合、 出力は名前のアルファベット順にソートされます。
-m アカウンティングファイル内のホスト名部分を無視します。 これにより、1 人のユーザが複数のマシン上から出力した分の料金を ひとまとめにすることができます。
-p price
  単価をデフォルトの値 0.02 や /etc/printcap で指定した値のかわりに price にします。
-r 逆順にソートします。
-s アカウント情報が要約され、要約したアカウントファイルに登録されます; 多忙なシステム上では、アカウントファイルが 1 日に何行も 増えるため、この要約が必要となります。
names name のユーザのみについて統計をとります; 通常は紙を使用 したすべてのユーザの統計をとります。

関連ファイル

/var/account/?acct
  未加工のアカウントファイル
/var/account/?_sum
  要約されたアカウントファイル
/etc/printcap プリンタの特徴を記述したデータベース

関連項目

printcap(5)

バグ

計算した料金と実際の値との関係はまだわかっていません。

歴史

pac ユーティリティは BSD 4.0 から登場しました。

PAC (8) June 6, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

LISP = Lots of Irritating Silly Parentheses