tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — PRINTCAP

名称

printcap – プリンタケーパビリティデータベース

内容

書式


printcap

解説

printcap は、 ラインプリンタの記述に使われる termcap(5) を簡略化したものです。 スプールシステムは利用のたび毎に printcap ファイルにアクセスするため、 プリンタを動的に追加したり削除することが可能です。 データベース中の各々のエントリが、1 台のプリンタを記述するのに使われます。 termcap(5) とは異なり、このデータベースは代替できません。 これは、アカウント情報がバイパスされてしまうことがあるからです。

デフォルトのプリンタは通常 lp ですが、環境変数 PRINTER によって上書きすることもできます。 各スプーリングユーティリティはオプション -P printer をサポートし、出力先のプリンタ名を明示することが可能です。

あるプリンタに対するデータベースをセットアップする方法の詳細については、 4.3 BSD Line Printer Spooler Manual を参照してください。

ケーパビリティ

ファイルレイアウトの解説については termcap(5) を参照してください。 "Name
Type Default Description

af
str NULL アカウンティングファイル名

br Ta num Ta none
lp が tty の場合、ボーレートを設定 ((ioctl) 2 call)

cf
str NULL cifplot データ用フィルタ

ct Ta num Ta 120
TCP コネクションのタイムアウト時間(秒)

df
str NULL tex データ用フィルタ( DVI フォーマット)

ff
str '\f ' フォームフィード送信文字

fo Ta bool Ta false
デバイスオープン時にフォームフィードを印字

gf
str NULL グラフデータフィルタ((plot) 3 フォーマット

hl Ta bool Ta false
バーストヘッダページを最後に印刷

"ic
bool false 字下げ出力の用の(非標準の) ioctl をサポートしたドライバ"

if
str NULL アカウンティングを行うためのテキストフィルタ名

lf
str /dev/console エラーロギングファイル名

lo
str lock ロックファイル名

lp
str /dev/lp 出力時にオープンするデバイス名、またはオープンする TCP ソケット port@ machine

mc
num 0lpr(1)で要求できる最大部数を指定します。0 = 制限なし。

ms
str NULL lp が tty の場合、コンマで区切ったリスト。tty モード記述用の stty(1) リストに似ている。

mx Ta num Ta 0
最大ファイルサイズ ( BUFSIZ ブロック単位)。0 = 制限なし。

nd
str NULL キューのリスト用の次のディレクトリ (未実装)

nf
str NULL ditroff データ用フィルタ (device independent troff)

of
str NULL 出力用フィルタリングプログラム名

"pc
num 200 1 フィートまたは 1 ページあたりの費用 (1/100 セント単位)"

pl Ta num Ta 66
1 ページの行数

pw Ta num Ta 132
1 行の文字数

px Ta num Ta 0
ピクセル単位のページ幅 (水平方向)

py Ta num Ta 0
ピクセル単位のページ長 (垂直方向)

rc Ta bool Ta false
リモートホストへ送信時、各部を再送します (下記参照)

rf
str NULL FORTRAN 形式のテキストファイル出力用フィルタ

rg
str NULL グループ制限。許可されたグループのメンバのみアクセスが許可される

rm
str NULL リモートプリンタが接続されているホスト名

rp
str lp リモートプリンタ名引数

rs Ta bool Ta false
ローカルにアカウントを持つリモートユーザに対する制限

rw Ta bool Ta false
プリンタデバイスを読み書き用にオープンする

sb Ta bool Ta false
短いバナー (1 行のみ)

sc Ta bool Ta false
複数コピーの抑制

sd
str /var/spool/lpd スプール ディレクトリ

sf Ta bool Ta false
フォームフィードの抑制

sh Ta bool Ta false
バーストページヘッダの出力抑制

sr
str NULL 受信される各データファイルの統計情報を保持するファイル名

ss
str NULL 送信される各データファイルの統計情報を保持するファイル名

st
str status 状態ファイル名

tf
str NULL troff データ用フィルタ (cat phototypesetter)

tr
str NULL キューが空の時に印刷するトレイラ文字列

vf
str NULL ラスタイメージ用フィルタ

2 文字のケーパビリティは、別の読み易い名前があります。 短い形式
長い形式

af
acct.file

br
tty.rate

cf
filt.cifplot

ct
remote.timeout

df
filt.dvi

du
daemon.user

ff
job.formfeed

fo
job.topofform

gf
filt.plot

hl
banner.last

if
filt.input

lf
spool.log

lo
spool.lock

lp
tty.device

mc
max.copies

ms
tty.mode

mx
max.blocks

nf
filt.ditroff

of
filt.output

pc
acct.price

pl
page.length

pw
page.width

px
page.pwidth

py
page.plength

rc
remote.resend_copies

rf
filt.fortran

rg
daemon.restrictgrp

rm
remote.host

rp
remote.queue

rs
daemon.restricted

rw
tty.rw

sb
banner.short

sc
job.no_copies

sd
spool.dir

sf
job.no_formfeed

sh
banner.disable

sr
stat.recv

ss
stat.send

st
spool.status

tf
filt.troff

tr
job.trailer

vf
filt.raster

ローカルラインプリンタのドライバが字下げをサポートしているならば、 プリンタデーモンはその使い方を理解しなければなりません。

フィルタ

lpd(8) デーモンは filters のパイプラインを作成し、さまざまなタイプのプリンタ用に処理を行います。 フィルタは lpr(1) へ渡されるフラグに応じて選択されます。 パイプラインは次のように設定されます。
p       pr | if 通常テキスト + pr(1)
none    if      通常テキスト
c       cf      cifplot
d       df      DVI (tex)
g       gf      plot(3)
n       nf      ditroff
f       rf      Fortran
t       tf      troff
v       vf      ラスタイメージ

if フィルタは次の引数をとります。 if [-c] -w width -l length -i indent -n login -h host acct-file

-c フラグは -l フラグ (コントロール文字をそのまま通過させます) が lpr(1) に指定された場合のみ渡されます。 width 機能と length 機能はページ幅とページ長を (それぞれ pw pl によって) 文字単位で指定します。 -n-h パラメータでそれぞれのジョブの所有者のログイン名とログイン先ホスト名を 指定します。 acct-file 機能は printcap af エントリがそのまま使われます。

if が指定されなかった場合、 of が代わりに使われます。 of if が個々のジョブ毎にオープンされるのに対して、たった 1 回だけ オープンされると言う特徴を持っています。 そのため、アカウンティングを行うには if の方が向いています。 of には、 widthlength フラグのみが与えられます。

その他の全てのフィルタは次のように呼び出されます。 filter -x width -y length -n login -h host acct-file

widthlength はピクセル単位で表され、それぞれ px py エントリで指定されます。

全てのフィルタはファイルを stdin から読み込み stdout からの出力をプリンタに送られ、 stderr または syslog(3) がログ出力に使われます。 フィルタは SIGINT を無視してはいけません。

リモートプリンティング

rm を使用してリモートプリンタに印刷する時、 if または of を使用できます。両方を指定した場合、 of は無視されます。 どちらのフィルタも同様に振舞いますが、上述の通り異なった引数を渡されます。 特に、出力フィルタはファイルが転送されるたびに、停止・再起動されます。 このように動作することが必要な理由は、フィルタを通した結果の大きさをリモート lpd(8) に渡すためです。

-p フラグが lpr(1) に渡されると、 pr(1) はローカルでは実行されませんが、リモートの lpd(8) に対して要求されます。それゆえ、 if を介したフィルタリングは、 pr(1) が実行される後ではなく前に実行されることになります。

ネットワークプリンタのモデルによっては、 lpd(8) からのジョブを受け付けるものの、ジョブ制御ファイルを無視し、 各データファイルがプリンタに届くと印刷するだけのものがあります。 このような動作の副作用のひとつに、 lpr(1) コマンドで指定される -# フラグで指定される複数部数の要求をプリンタが無視してしまうことがあります。 rc エントリは、ユーザが元々要求した各部に対して、 lpd(8) がデータファイルを再送するようにします。 rc エントリを指定して良いのは、プリンタに直接ジョブを送るホストだけです。

lp port@ machine で指定された場合 (そして rm が使用されない場合)、印刷データは指定された machine の指定された port に直接転送されます。

転送の統計情報

印刷ジョブがリモートマシン (他の UNIX ボックスかもしれませんしネットワークプリンタかもしれません) に転送されるとき、各転送の統計情報を保持することが有効かもしれません。 sr および ss のオプションは、lpd がこのような統計情報を保持するためのファイル名を示します。 ジョブの統計情報の行が各データファイルに書き込まれるのは、 ファイルの転送に成功したときです。 行の書式は、転送における送信側と受信側とで、同一です。

ジョブを送ってくる種々のマシンとプリントサーバ間のネットワーク性能に 興味がある場合、 受信データファイルの統計情報をプリントサーバで使えるかもしれません。 プリントサーバは、印刷ジョブがサーバに届くたびに、 各印刷ジョブの速度の統計情報を集めることができます。

誰がどのジョブをリモートプリンタに送ったのか、 何時送られたのか、そしてファイルの (バイト数での) 大きさはどのくらいだったか について知りたい場合、送信データファイルの統計情報を 最小のアカウンティング記録として使えるかもしれません。 しかし、何ページ印刷したのかといった情報は一切含みません。 なぜなら、 そのような情報をリモート (ネットワーク) プリンタから得るための標準的な方法が 存在しないためです。

ロギング

ラインプリンタプログラム自身 (つまり lpd(8) とそれに関連するプログラム) が生成したエラーメッセージは、 syslog(3) LPR ファシリティを使ってロギングされます。 フィルタの 1 つから stderr に出力されたメッセージは、対応する lf で指定されたファイルに送られます。 当然、フィルタ自身もまた syslogd(8) を使うことがあるかも知れません。

コンソールに送られるエラーメッセージには、ラインフィードだけではなく キャリッジリターンとラインフィードが追加されます。

関連項目

lpq(1), lpr(1), lprm(1), hosts.lpd(5), termcap(5), chkprintcap(8), lpc(8), lpd(8), pac(8)

4.3 BSD Line Printer Spooler Manual,

歴史

printcap ファイルフォーマットは BSD 4.2 から登場しました。

PRINTCAP (5) October 11, 2000

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

As soon as we started programming, we found to our surprise that it wasn't as easy to get programs right as we had thought. Debugging had to be discovered. I can remember the exact instant when I realized that a large part of my life from then on was going to be spent in finding mistakes in my own programs.
— Maurice Wilkes