tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — RPC.LOCKD

名称

rpc.lockd – NFS ファイルロックデーモン

内容

書式


rpc.lockd [-d debug_level] [-g grace period]

解説

rpc.lockd ユーティリティは、NFS 環境において、モニタ付き無し両方の、 ファイルとレコードのロックサービスを提供します。 ロックを要求しているホストの状態をモニタするには、 ロックデーモンは典型的には rpc.statd(8) と組み合わせて動作します。

rpc.lockd で使用可能なオプションとオペランドは以下のとおりです:
-d
  -d オプションは、デバッグ情報を syslog に書き出させ、 デーモンに対する全 RPC トランザクションを記録させます。 これらのメッセージはレベル LOG_DEBUG でファシリティ LOG_DAEMON で記録されます。 debug_level に 1 を指定すると、プロトコル処理毎に 1 行のログが出力されるようになります。
-g
  -g オプションは、 grace period を秒単位で指定するためのものです。 グレースピリオドの間、 サーバ再起動前に存在したロックを再初期化しているホストからの要求のみを rpc.lockd は受け付けます。 デフォルトは 30 秒です。

エラーの状態は、デバッグレベルに関係なく、ログレベルが LOG_ERR で ファシリティが LOG_DAEMON として syslog を通して記録されます。

rpc.lockd ユーティリティは inetd(8) から起動してはいけません。これは、プロトコルが、システムの開始時に デーモンが起動されていることを仮定しているためです。 デーモンは rc.conf(5) で設定して、ネットワークの開始後に起動されるべきです。

関連ファイル

/usr/include/rpcsvc/nlm_prot.x
  ネットワークロックマネージャプロトコルの RPC プロトコル仕様。

関連項目

syslog(3), rc.conf(5), rpc.statd(8)

バグ

現在の実装は、共有可能であっても、ロック要求を直列化してしまいます。

規格

実装は、次の仕様を元にしています。

X/Open CAE Specification C218, ISBN 1 872630 66 9, Protocols for X/Open PC Interworking: XNFS, Issue 4,

歴史

本バージョンの rpc.lockd SunOS 4 に登場しました。

RPC.LOCKD (8) September 24, 1995

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

There are 10 types of people in the world: those who understand binary, and those who don't.