tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — RPC.STATD

名称

rpc.statd – ホストステータス監視デーモン

内容

書式


rpc.statd [-d]

解説

rpc.statd ユーティリティは、他のホスト上の rpc.statd デーモンと協調してステータスの監視 サービスを提供するデーモンです。 デーモンは、ローカルホスト上で動くプログラム (たとえば rpc.lockd(8) NFS ファイルロックデーモン) からのリクエストを受け取り、 指定したホストのステータスを監視します。 監視中のホストがクラッシュし再起動すると、リモートのデーモンは そのことをローカルデーモンに対し知らせ、さらにローカルデーモンが 監視サービスをリクエストしたローカルプログラムに対して知らせます。 逆に、もしこのホストがクラッシュし再起動すると、 rpc.statd は再起動時に、クラッシュ時に監視していた全てのホストに対して クラッシュが起こったことを知らせます。

オプションは以下のとおりです:
-d
  syslog を通してデバッグ情報を書くようになります。 デーモンへの全ての RPC トランザクションが記録されます。 このメッセージは level が LOG_DEBUG で facility が LOG_DAEMON として 記録されます。 エラーの状態は、このオプションに関わらず、log level が LOG_ERR で facility が LOG_DAEMON として syslog を通して記録されます。

rpc.statd ユーティリティは inetd(8) から起動してはいけません。これは、プロトコルが、システムの開始時に デーモンが起動されていることを仮定しているためです。 デーモンは rc(8) によりネットワークの開始後に起動されるべきです。

関連ファイル

/var/db/statd.status 現在監視しているホストの不揮発レコード
/usr/include/rpcsvc/sm_inter.x
  ローカルアプリケーションが監視リクエストを登録するために使う RPC プロトコルの仕様。

関連項目

syslog(3), rc(8), rpc.lockd(8)

バグ

監視中のホストが (致命的なハードウェア障害などのため) 永久に 見えなくなったことをデーモンが知る手段はありませんが、 ホストや中間のルータの一時的な障害は知ることは出来ます。 現在の実装では、リトライは 10 分間隔、つぎは 1 時間ごとに行い、最後に 24 時間 経つとあきらめます。

プロトコルでは、監視関係の確立に、 ローカルとリモートの両方のデーモンで対称に監視リクエストを行うことを 要求しています。 これは NFS のロックプロトコルの場合は便利ですが、 おそらく他のアプリケーション用の監視システムとしての 有用性が低下しています。

現在の実装では、各監視ホストにつき 1Kbytes の領域が ステータスファイル内 (VM 内にも) に確保されます。 このため、 多くのクライアントを抱える NFS サーバでは非効率的であるかもしれません。

規格

実装は、 X/Open CAE Specification C218, "Protocols for X/Open PC Interworking: XNFS, Issue 4", ISBN 1 872630 66 9 をもとにしています。

RPC.STATD (8) September 19, 1995

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Unix is the answer, but only if you phrase the question very carefully.
— Belinda Asbell