tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — BUS_CONFIG_INTR

名称

BUS_CONFIG_INTR – 割り込みの極性およびトリガモードの設定

内容

書式

#include <sys/param.h>
#include <sys/bus.h>

int
BUS_CONFIG_INTR(device_t dev, int irq, enum intr_trigger trig, enum intr_polarity pol);

解説

BUS_CONFIG_INTR() メソッドは、バスまたはデバイスのドライバが、親のバスに割り込み極性および トリガモードを提供することを可能にします。 これは通常は、ルートバス (例えば nexus) までの全ての経路を上がって行きます。 その全ての経路において、 実際にハードウェアをプログラムするために必要な動作がなされます。 BUS_CONFIG_INTR() メソッドは割り込み番号をとるため、 BUS_SETUP_INTR(9) より先に呼び出されることが必ずしも要求されませんが、当然だと仮定されます。

trig 引数は以下のいずれかです。
INTR_TRIGGER_CONFORM
  割り込みトリガモードは、デバイスがアタッチされているバスにとっての標準です。
INTR_TRIGGER_EDGE 割り込みは、エッジトリガされます。 これは、割り込み線の信号の立上りエッジによって、 割り込みが立ち上げられることを意味します。 その信号は通常、スパイクを発生させるように元の状態に戻ります。
INTR_TRIGGER_LEVEL 割り込みは、レベルトリガされます。 これは、割り込み線の信号が変化して、その割り込みのサービス完了までの間 変化せずに維持される時に、割り込みが立ち上げられることを意味します。 サービス完了後、信号は戻ります。

pol 引数は以下のいずれかです。
INTR_POLARITY_CONFORM
  割り込みの極性は、デバイスがアタッチされているバスにとっての標準です。
INTR_POLARITY_HIGH 割り込み線の電圧がハイになることによって、割り込みが活性化されます。
INTR_POLARITY_LOW 割り込み線の電圧がローになることによって、割り込みが活性化されます。

戻り値

成功時には 0 が返され、そうでなければ適切なエラーが返されます。

関連項目

BUS_SETUP_INTR(9), BUS_TEARDOWN_INTR(9), device(9), driver(9)

歴史

BUS_CONFIG_INTR() メソッドは FreeBSD 5.2 ではじめて登場しました。

作者

このマニュアルページは Marcel Moolenaar <marcel@xcllnt.net> によって書かれました。

BUS_CONFIG_INTR (9) January 6, 2005

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.