tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — BUS_ACTIVATE_RESOURCE

名称

bus_activate_resource – リソースの活性化または非活性化

内容

書式

#include <sys/param.h>
#include <sys/bus.h>

#include <machine/bus.h>
#include <sys/rman.h>
#include <machine/resource.h>

int
bus_activate_resource(device_t dev, int type, int rid, struct resource *r);

int
bus_deactivate_resource(device_t dev, int type, int rid, struct resource *r);

解説

これらの関数は、その前に割り当てられたリソースを活性化または非活性化します。 一般的に、バスドライバがそのリソースをデバイス空間にマップできるように するため、リソースはドライバによってアクセスされる前に活性化されなければ なりません。

引数は以下の通りです。
dev
  そのリソースの所有を要求するデバイスです。 割り当ての前には、そのリソースは親のバスによって所有されています。
type
  割り当てたいリソースの型です。 これは下記の中の 1 つです。

SYS_RES_IRQ IRQ のリソースです。
SYS_RES_DRQ ISA DMA ラインのリソースです。
SYS_RES_IOPORT
  I/O ポートのリソースです。
SYS_RES_MEMORY
  I/O メモリのリソースです。
rid
  割り当てられているリソースを識別するバス特有のハンドルへのポインタです。
r
  bus_alloc_resource(9) によって返される struct resource へのポインタです。

戻り値

成功時には 0 が返され、そうでなければエラーが返されます。

関連項目

bus_alloc_resource(9), device(9), driver(9)

作者

このマニュアルページは Warner Losh <imp@FreeBSD.org> が書きました。

BUS_ACTIVATE_RESOURCE (9) March 28, 2003

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

The number of UNIX installations has grown to 10, with more expected.
— UNIX Programming Manual, 1972