tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — BUS_SET_RESOURCE

名称

bus_set_resource – 確定したリソースと与えられたリソース ID との関連付け

内容

書式

#include <sys/param.h>
#include <sys/bus.h>

#include <machine/bus.h>
#include <sys/rman.h>
#include <machine/resource.h>

int
bus_set_resource(device_t dev, int type, int rid, u_long start, u_long count);

解説

bus_set_resource() 関数は、 type, ,, rid ペアで指定されるリソースのうち、指定された開始アドレスのものを長さ count に設定します。 通常は、クライアントドライバはこのインタフェースを使用しません。 しかしながら、バスドライバはクライアントドライバが使用するリソースを 設定するためにしばしば使用します。

引数は以下の通りです。
dev
  リソースを設定するデバイスです。
type
  割り当てたいリソースの型です。 これは下記の中の 1 つです。

SYS_RES_IRQ IRQ のリソースです。
SYS_RES_DRQ ISA DMA ラインのリソースです。
SYS_RES_IOPORT
  I/O ポートのリソースです。
SYS_RES_MEMORY
  I/O メモリのリソースです。
rid
  割り当てられているリソースを識別するバス特有のハンドルです。
start
  このリソースの開始アドレスです。
count
  このリソースの長さです。 例えば、バイト単位でのメモリの大きさです。

戻り値

成功時には 0 が返され、そうでなければエラーが返されます。

関連項目

bus_alloc_resource(9), bus_get_resource(9) [英語], device(9), driver(9)

作者

このマニュアルページは Warner Losh <imp@FreeBSD.org> が書きました。

BUS_SET_RESOURCE (9) March 29, 2003

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

UNIX has been evolving feverishly for close to 30 years, sort of like bacteria in a cesspool — only not as attractive
— John Levine, "Unix for Dummies"