tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — BUS_SET_RESOURCE

名称

bus_set_resource – 確定したリソースと与えられたリソース ID との関連付け

内容

書式

#include <sys/param.h>
#include <sys/bus.h>

#include <machine/bus.h>
#include <sys/rman.h>
#include <machine/resource.h>

int
bus_set_resource(device_t dev, int type, int rid, u_long start, u_long count);

解説

bus_set_resource() 関数は、 type, ,, rid ペアで指定されるリソースのうち、指定された開始アドレスのものを長さ count に設定します。 通常は、クライアントドライバはこのインタフェースを使用しません。 しかしながら、バスドライバはクライアントドライバが使用するリソースを 設定するためにしばしば使用します。

引数は以下の通りです。
dev
  リソースを設定するデバイスです。
type
  割り当てたいリソースの型です。 これは下記の中の 1 つです。

SYS_RES_IRQ IRQ のリソースです。
SYS_RES_DRQ ISA DMA ラインのリソースです。
SYS_RES_IOPORT
  I/O ポートのリソースです。
SYS_RES_MEMORY
  I/O メモリのリソースです。
rid
  割り当てられているリソースを識別するバス特有のハンドルです。
start
  このリソースの開始アドレスです。
count
  このリソースの長さです。 例えば、バイト単位でのメモリの大きさです。

戻り値

成功時には 0 が返され、そうでなければエラーが返されます。

関連項目

bus_alloc_resource(9), bus_get_resource(9) [英語], device(9), driver(9)

作者

このマニュアルページは Warner Losh <imp@FreeBSD.org> が書きました。

BUS_SET_RESOURCE (9) March 29, 2003

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

The last good thing written in C was Franz Schubert's Symphony #9.
— Erwin Dietrich