tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — KBDMAP

名称

kbdmap, vidfont – syscons 用フロントエンド

内容

書式


kbdmap [-K] [-V] [-d | -default] [-h | -help] [-l | -lang language] [-p | -print] [-r | -restore] [-s | -show] [-v | -verbose]

解説

kbdmap ユーティリティは有効なキーマップを容易に設定するコマンドです。 同様に vidfont はフォントを設定します。 いずれもデータベース中の記述 (description) を探します。 この記述は英語 (デフォルト) あるいは他の言語で書かれています。 両コマンドともキーマップおよびフォントのデータベースを検査します。 デフォルトでは英語で記述されていますが、他の言語でなされても構いません。 これらのプログラムは対話的であり、 ユーザからの必要な入力 (例えばキーマップ選択) を得るために端末出動作するものと期待します。

MSDOS コードページのキーマップやフォントを使用しないよう強く勧めます。 可能であれば ISO 標準バージョンを使ってください! X11 MSDOS コードページをサポートしません。

次のオプションが利用可能です:
-K
  kbdmap としてコマンドを実行します。
-V
  vidfont としてコマンドを実行します。
-d -, -default
  デフォルト言語を使用します。 LANG 環境変数は無視されます。
-h -, -help
  オプション一覧を表示して終了します。
-l -, -lang language
  記述およびメニューの表示に言語 language を用います。
-p -, -print
  標準出力に使用可能なキーマップもしくはフォントを表示し、終了します。
-r -, -restore
  /etc/rc.conf からデフォルトフォントをロードします。
-s -, -show
  現在サポートしている言語を表示して終了します。
-v -, -verbose
  通常よりきめ細かく警告メッセージを出力します。

環境変数

LANG 希望する言語。

関連ファイル

/usr/share/syscons/keymaps/INDEX.keymaps
  キーマップのデータベース
/usr/share/syscons/fonts/INDEX.fonts フォントのデータベース
/etc/rc.conf デフォルトのフォント
/usr/X11/lib/X11/locale/locale.alias 共通な LANG に関する記述

バグ

kbdmap および vidcontrol のユーティリティは (仮想) コンソールでのみ機能します。 X11 上では動作しません。

関連項目

dialog(1), kbdcontrol(1), vidcontrol(1), kbdmap(5), rc.conf(5)

歴史

kbdmap および vidfont コマンドは FreeBSD 2.1 から登場しました。

作者

Wolfram Schneider <wosch@FreeBSD.org> がオリジナルの Perl バージョンを書きました。 元バージョンは、 FreeBSD 5.0 向きに Jonathan Belson <jon@witchspace.com> が C で書き直したものです。

日本語訳

酒井 淳嗣(sakai@csl.cl.nec.co.jp): FreeBSD向けに翻訳

KBDMAP (1) July 3, 2002

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

To err is human...to really foul up requires the root password.