tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — NICE

名称

nice – スケジュールの優先度を下げてユーティリティを実行する

内容

書式


nice [-n increment] utility [argument ...]

解説

nice ユーティリティは優先度を変更して utility を実行します。 "nice" 値は指定された increment だけ増やされるか、またはデフォルト値の 10 が増されます。 プロセスの nice 値を減らすと、スケジュール優先度が向上します。

ユーティリティを高スケジュール優先度で実行する目的で、 スーパユーザは負の増加値を指定可能です。

nice は、 command の実行優先度として、 numbernice の優先度に対して相対的に指定されたものとします。 現在のプロセスの優先度よりも高い優先度はスーパユーザのみ要求可能です。

シェルによっては、本ユーティリティと似たまたは同じ、組み込みの nice コマンドを提供しているものがあります。 builtin(1) マニュアルページを参照してください。

環境変数

PATH 環境変数は、名前に ‘/’ が 1 個も含まれない場合、指定された utility を見付けるために使用されます。

使用例

シェルの優先度が 0 の時、ユーティリティ 'date' を、優先度 5 にて実行します:

    nice -n 5 date

シェルの優先度が 0 であり、スーパユーザの場合、ユーティリティ 'date' を優先度 -19 にて実行します:

    nice -n 16 nice -n -35 date

診断

utility が起動されると、 nice の終了ステータスは utility の終了ステータスになります。

終了ステータス 126 は utility が見付かったものの実行不可だったことを示します。 終了ステータス 127 は utility が見付からなかったことを示します。

関連項目

builtin(1), csh(1), idprio(1), rtprio(1), getpriority(2), setpriority(2), renice(8)

互換性

伝統的な increment オプションは価値が低下していますが、まだサポートされています。

規格

nice ユーティリティは IEEE Std 1003.1-2001 ("POSIX.1") に適合しています。

歴史

nice ユーティリティは AT&T v6 で追加されました。

NICE (1) June 6, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Unix’s “power tools” are more like power switchblades that slice off the operator’s fingers quickly and efficiently.
— The Unix Haters' handbook