tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — RENICE

名称

renice – 走行中のプロセスの優先度を変更する

内容

書式


renice priority [[-p ]pid ...] [[-g ]pgrp ...] [[-u ]user ...]
renice -n increment [[-p ]pid ...] [[-g ]pgrp ...] [[-u ]user ...]

解説

renice ユーティリティは、1 つ以上の走行中プロセスのスケジュール優先度を変更します。 priority に後続するパラメータ who は、プロセス ID か、プロセスグループ ID か、ユーザ ID か、 ユーザ名として解釈されます。 プロセスグループに対する renice の実行は、そのグループに属するすべてのプロセスの優先度を変化させます。 ユーザ名に対する renice の実行は、そのユーザが所有するすべてのプロセスの優先度を変化させます。 デフォルトでは、プロセス ID で指定したプロセスのみが影響を受けます。

renice にてサポートされるオプションは以下のとおりです:
-g
  who パラメータをプロセスグループ ID であると解釈させます。
-n
  指定されたプロセスを指定された優先度へ変更するのではなく、 後続する引数を各プロセスの現在の優先度に対する増加値として解釈します。
-u
  who パラメータをユーザ名であると解釈させます。
-p
  who パラメータをユーザ名またはプロセス ID であると解釈させます (デフォルト)。

たとえば、

    renice +1 987 -u daemon root -p 32

は、プロセス ID が 987, 32 のプロセスと、 ユーザ daemon, root が所有するすべてのプロセスの優先度を変更します。

スーパユーザ以外のユーザは所有するプロセスについてのみ変更が可能で、 プロセスの ``nice 値'' を 0 から PRIO_MAX (20) の範囲内で単調に増加させることができます。 (これによりシステム管理者による命令が無効になるのを防ぎます。) スーパユーザは、すべてのプロセスの優先度を PRIO_MIN (-20) から PRIO_MAX (20) の範囲で自由に変更することができます。 よく用いられる値としては以下のものがあります: 20 (システム内のほかのプロセスすべてが走行しないときのみ走行する)、 0 (``基準'' となるスケジュール優先度)、 適当な負の値 (そのプロセスを素早く実行させる)

関連ファイル

/etc/passwd
  ユーザ名とユーザ ID を関連づける

関連項目

nice(1), rtprio(1), getpriority(2), setpriority(2)

規格

renice ユーティリティは IEEE Std 1003.1-2001 ("POSIX.1") に適合しています。

歴史

renice ユーティリティは BSD 4.0 で追加されました。

バグ

スーパユーザ以外のユーザは、たとえ以前に優先度を下げたプロセスであって も優先度を上げることはできません。

RENICE (8) June 9, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。