tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — NSLOOKUP

名称

nslookup - インターネットネームサーバに対話的に問い合わせる

内容

書式

nslookup [ -option ] [ name | - ] [ server ]

解説

nslookup はインターネットネームサーバに問い合わせを行います。 nslookup には対話モードと非対話モードの 2 つのモードがあります。 対話モードでは、 様々なホストやドメインの情報をネームサーバに対して問い合わせたり、 あるドメイン内のホスト一覧を表示することができます。 非対話モードでは、あるホストもしくはドメインの名前および 要求した情報のみが表示されます。

引数

次の場合は対話モードに入ります。
1. 引数が与えられなかったとき (デフォルトのネームサーバを利用します)。
2. 最初の引数がハイフン (-) であり、2 番目の引数がネームサーバの ホスト名もしくは IP アドレスであるとき。
検索したいホストの名前もしくは IP アドレスが最初の引数として与えられた場合は、 非対話モードになります。 2 番目の引数はオプションで、ネームサーバのホスト名もしくは IP アドレスを 指定します。

オプションはコマンドラインで指定することも可能です。その場合、 前にハイフンをつけ、引数より先に書きます。たとえば、デフォルトの問い合わせを ホスト情報に変更し、初期タイムアウトを 10 秒とするには、

nslookup -query=hinfo  -timeout=10

とします。

対話コマンド

host [server]
  host についての情報を現在のデフォルトサーバ、もしくは server が指定されている場合はそのサーバに問い合わせます。 host が IP アドレスであり、問い合わせタイプが A もしくは PTR であるときは、ホスト名が返されます。 host が 名前であり、最後にピリオドがないときには、 名前の修正のためにサーチリストが使われます。

現在のドメインにないホストについて調べるときには、 名前の末尾にピリオドを付加します。

server domain
lserver domain
  デフォルトサーバを domain に変更します。 lserver は domain についての情報を探すのに初期サーバを使い、 server は現在のデフォルトサーバを使います。 公式の答えが見つからないときには、答えを持つ可能性のある サーバ名が返されます。
root 実装されていません
finger 実装されていません
ls 実装されていません
view 実装されていません
help 実装されていません
? 実装されていません
exit プログラムを終了します。
set keyword[=value]
  このコマンドは探索に影響するオプションを変更するのに使われます。 有効な keyword は以下の通りです。
all よく使われる set のオプションの現在の値を表示します。 現在のデフォルトサーバとホストに関する情報も表示されます。
class=value
  問い合わせのクラスを次のいずれかに変更します。
IN インターネットクラス
CH chaos クラス
HS hesiod クラス
ANY ワイルドカード
クラスは情報のプロトコルグループを特定します。

(デフォルト = IN; 略記 = cl)

[no]debug
  デバッグモードにします。 サーバに送られるパケットとそれに対する返答について、 より多くの情報が表示されます。

(デフォルト = nodebug; 略記 = [no]deb)

[no]d2 デバッグモードにします。 サーバに送られるパケットとそれに対する返答について、 より多くの情報が表示されます。

(デフォルト = nod2)

domain=name
  サーチリストを name に設定します。
[no]search
  問い合わせ要求にピリオドが少なくとも 1 つ含まれているが ピリオドで終ってはいない場合、 答えが受け取れるまで、ドメインサーチリスト内のドメイン名を付加します。

(デフォルト = search)

port=value
  デフォルトのネームサーバの TCP/UDP ポートを value に変更します。

(デフォルト = 53; 略記 = po)

querytype=value
type=value
  問い合わせる情報の種類を変更します。

(デフォルト = A; 略記 = q, ty)

[no]recurse
  サーバが情報を持っていないときに、 他のサーバに問い合わせるよう指示します。

(デフォルト = recurse; 略記 = [no]rec)

retry=number
  リトライ回数を number 回とします。
timeout=number
  返答を待つ初期タイムアウト間隔を number 秒に変更します。
[no]vc サーバに要求を出すときに、常に仮想回路 (virtual circuit) を使います。

(デフォルト = novc)

関連ファイル

/etc/resolv.conf

関連項目

dig(1), host(1), named(8).

作者

Andrew Cherenson


Jun 30, 2000 NSLOOKUP (1) BIND9

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

The wonderful thing about standards is that there are so many of them to choose from.
— Grace Murray Hopper