tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — WHICH

名称

which – ユーザパスからプログラムを見つける

内容

書式


which [-as] [command] ...

解説

which ユーティリティは、コマンド名のリストを受け取り、 実際に起動したならば実行できる実行形式ファイルを探します。

オプションには以下のものがあります:
-a
  (最初に見つけたものだけでなく) みつけたすべての実行形式を表示します。
-s
  実行形式が見つかれば 0 を返し、見つからなければ 1 を返します。 表示はしません。

シェルによっては、本ユーティリティと似たまたは同じ、組み込みの which コマンドを提供しているものがあります。 builtin(1) マニュアルページを参照してください。

歴史

which コマンドは FreeBSD 2.1 から登場しました。

関連項目

builtin(1), csh(1), find(1), locate(1), whereis(1)

作者

which ユーティリティは元々 Wolfram Schneider <wosch@FreeBSD.org> が Perl で書き、提供しました。 現在のバージョンの which Daniel Papasian <dpapasia@andrew.cmu.edu> が C で書き直したものです。

WHICH (1) June 21, 2002

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

How do you pronounce UNIX ? You Nix !