tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — KLDFIND

名称

kldfind – kld ファイルのファイル ID を返す

内容

ライブラリ

Standard C Library (libc, -lc)

書式

#include <sys/param.h>
#include <sys/linker.h>

int
kldfind(const char *file);

解説

kldfind() システムコールは、 file によって参照される kld ファイルのファイル ID を返します。

戻り値

kldfind() システムコールは、 file によって参照される kld ファイルのファイル ID を返します。 エラーがある場合、 kldfind() は -1 を返し、エラーを示すために errno が設定されます。

エラー

kldfind() は処理を失敗すると、 errno を以下のように設定します:
[EFAULT]
  この操作に必要なデータがカーネル空間から読み取れませんでした。
[ENOENT]
  指定されたファイルはカーネルにロードされていません。

関連項目

kldfirstmod(2), kldload(2), kldnext(2), kldstat(2), kldsym(2), kldunload(2), modfind(2), modfnext(2), modnext(2), modstat(2), kld(4) [英語], kldstat(8)

歴史

kld インタフェースは FreeBSD 3.0 ではじめて登場しました。

KLDFIND (2) March 3, 1999

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

The most important thing in the programming language is the name. A language will not succeed without a good name. I have recently invented a very good name and now I am looking for a suitable language.
— Donald Knuth