tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — SETUID

名称

setuid, seteuid, setgid, setegid – ユーザ ID とグループ ID を設定する

内容

ライブラリ

Standard C Library (libc, -lc)

書式

#include <sys/types.h>
#include <unistd.h>

int
setuid(uid_t uid);

int
seteuid(uid_t euid);

int
setgid(gid_t gid);

int
setegid(gid_t egid);

解説

setuid() システムコールは、現在のプロセスの実ユーザ ID と実効ユーザ ID と 退避ユーザ ID を指定した値に設定します。 setuid() システムコールが許容されるのは、指定の ID がプロセスの実ユーザ ID または実効ユーザ ID に等しい場合、 または実効ユーザ ID がスーパユーザのものと等しい場合です。

setgid() システムコールは、現在のプロセスの実グループ ID と実効グループ ID と 退避グループ ID を指定した値に設定します。 setgid() システムコールが許容されるのは、指定の ID がプロセスの実グループ ID または実効グループ ID に等しい場合、 または実効ユーザ ID がスーパユーザのものと等しい場合です。

seteuid() システムコール (setegid()) は、現在のプロセスの実効ユーザ (グループ ID) を設定します。 実効ユーザ ID は実ユーザ ID または退避ユーザ ID ( intro(2)execve(2) を参照 ) の値に設定できます。 これを利用し、ユーザ ID 設定された実行可能ファイルの実効ユーザ ID を 実ユーザ ID に切り替えた後に、ユーザ ID 設定の値に戻ることで、 元の権限を得ることができます。 同じように、実効グループ ID は、 実グループ ID または退避グループ ID の値に設定できます。

戻り値

Upon successful completion, the value 0 is returned; otherwise the value -1 is returned and the global variable errno is set to indicate the error.

エラー

本システムコールは次の場合に失敗します:
[EPERM]
  ユーザがスーパユーザでない場合、または指定された uid がその実 ID、 実効 ID、または退避 ID でない場合。

セキュリティに関する考察

ファイルへの読取りと書込み許可は、 open(2) が呼ばれた時に判断されます。 一度ファイル記述子がオープンされると、権限を落してもそのプロセスの 読取りまたは書込み許可には影響しません。 指定されたユーザ ID に、そのファイルへの読取りまたは書込み許可が なくともです。 通常これらのファイルは、新しいプロセスの実行時にオープンされたままとなり、 その結果、ユーザがもしかすると要注意であるデータを読んだり修正したり できてしまいます。

これらのファイルが exec(3) 呼び出しの後でもオープンされたままにされるのを防ぐには、 close-on-exec フラグを設定するようにしてください:

void
pseudocode(void)
{
        int fd;
        /* ... */

        fd = open("/path/to/sensitive/data", O_RDWR);         if (fd == -1)                 err(1, "open");

        /*          * close-on-exec フラグの設定; さらなる情報は fcntl(2) を参照。          */         if (fcntl(fd, F_SETFD, FD_CLOEXEC) == -1)                 err(1, "fcntl(F_SETFD)");         /* ... */         execve(path, argv, environ); }

関連項目

getgid(2), getuid(2), issetugid(2), setregid(2), setreuid(2)

規格

setuid() システムコールと setgid() システムコールは IEEE Std 1003.1-90 ("POSIX.1") 仕様と互換性があります。 ただし、 _POSIX_SAVED_IDS は付録 B.4.2.2 の許可された拡張で定義されていません。 seteuid() システムコールと setegid() システムコールは、 _POSIX_SAVED_IDS POSIX コンセプトを基礎にして拡張してあり、規格の将来の改定用に提案されています。

歴史

setuid() 関数と setgid() 関数は AT&T v7 で登場しました。

SETUID (2) June 4, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

One of the advantages of using UNIX to teach an operating systems course is the sources and documentation will easily fit into a student's briefcase.
— John Lions