tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — SETREGID

名称

setregid – 実グループ ID と実効グループ ID を設定する

内容

ライブラリ

Standard C Library (libc, -lc)

書式

#include <unistd.h>

int
setregid(gid_t rgid, gid_t egid);

解説

現在のプロセスの実グループ ID と実効グループ ID を引数で 指定されたように設定します。 実グループ ID が変更されると、退避グループ ID は新しい実効グループ ID の 値に変更されます。

特権のないユーザは、実グループ ID をその実効グループ ID に、または 実効グループ ID をその実グループ ID に変更できます。 スーパユーザだけがその他の変更を行えます。

実グループ ID と実効グループ ID のどちらかに値 -1 を指定すると、 システムは -1 引数の代わりに現在の ID で置き換えます。

setregid() システムコールは、グループ ID 設定プログラム内の実グループ ID と 実効グループ ID を スワップし、グループ ID 設定の値を一時的に放棄できるようにするために 作られました。 このシステムコールは正しく機能せず、その目的は、今では setegid(2) システムコールを使用するとより良く達成できます。

実グループ ID と実効グループ ID を同じ値に設定するときは、標準の setgid() システムコールを使用してください。

戻り値

The setregid function returns the value 0 if successful; otherwise the value -1 is returned and the global variable errno is set to indicate the error.

エラー

[EPERM]
  現在のプロセスがスーパユーザでなく、その実効グループ ID を その実グループ ID に変更する以外の変更が指定されました。

関連項目

getgid(2), issetugid(2), setegid(2), setgid(2), setuid(2)

歴史

setregid() システムコールは BSD 4.2 で登場しました。

SETREGID (2) April 16, 1994

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.