tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — KVM_READ

名称

kvm_read, kvm_write – カーネル仮想メモリの読取りと書込み

内容

ライブラリ

Kernel Data Access Library (libkvm, -lkvm)

書式

#include <kvm.h>

ssize_t
kvm_read(kvm_t *kd, unsigned long addr, void *buf, size_t nbytes);

ssize_t
kvm_write(kvm_t *kd, unsigned long addr, const void *buf, size_t nbytes);

解説

kvm_read() および kvm_write() の関数は、カーネル仮想メモリ (またはクラッシュダンプファイル) の読取りと書込みに使用されます。 カーネル仮想メモリと クラッシュダンプのオープンに関する情報は kvm_open(3) または kvm_openfiles(3) を参照してください。

kvm_read() 関数は nbytes バイトのデータをカーネル空間のアドレス addr から buf に転送します。逆に、 kvm_write() はデータを buf から addr に転送します。 SunOS と異なり、これらの関数は、プロセスのアドレス空間の 読取りまたは書込みに使用できません。

戻り値

正常に終了すると、実際に転送されたバイト数が返されます。 エラー終了時は -1 が返されます。

関連項目

kvm(3), kvm_close(3), kvm_getargv(3), kvm_getenvv(3), kvm_geterr(3), kvm_getprocs(3), kvm_nlist(3), kvm_open(3), kvm_openfiles(3)

KVM_READ (3) June 4, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.