tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — ATKBDC

名称

atkbdc – AT キーボードコントローラのインタフェース

内容

書式

options "KBD_RESETDELAY=N" options "KBD_MAXWAIT=N" options "KBDIO_DEBUG=N" controller atkbdc0 at isa? port IO_KBD tty

解説

キーボードコントローラ atkbdc は AT キーボードや PS/2 マウス形式のポインティングデバイスへの I/O サービスを提供します。 このコントローラはキーボードドライバ atkbd と PS/2 ポインティングデバイスドライバ psm のために必要です。

システム中には atkbdc デバイスを 1 つだけ設定することができます。

ドライバの設定

カーネル設定オプション

atkbdc ドライバを制御するために、次のカーネル設定オプションが使えます。 これらはカーネル設定ファイル (config(8) 参照) で指定できます。
KBD_RESETDELAY=X, KBD_MAXWAIT=Y
  キーボードドライバ atkbd やポインティングデバイスドライバ psm は、ブート時に atkbdc ドライバを通じてデバイスをリセットします。 これらのデバイスがリセットコマンドに応答するのに 時間がかかることがあります。 これらのオプションは、 atkbdc ドライバが応答を待つのをあきらめるまでの時間を設定します。 ドライバは最大で X * Y ミリ秒待ちます。 もしドライバがデバイスを検出できないようなら、 これらの値を増やすと良いかもしれません。 デフォルトの値は X が 200 ミリ秒で、 Y が 5 です。
KBDIO_DEBUG=N
  デバッグレベルを N にします。 デフォルトは 0 で、すべてのデバッグ出力は抑制されます。

関連項目

atkbd(4), psm(4), config(8)

歴史

atkbdc ドライバは FreeBSD 3.1 に初めて登場しました。 これは FreeBSD 2.2 の kbdio モジュールに基づいています。

作者

kbdio モジュールと atkbdc ドライバ、およびこのマニュアルページは Kazutaka Yokota <yokota@FreeBSD.org> が書きました。

FreeBSD ATKBDC (4) February 9, 1999

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Unix is the answer, but only if you phrase the question very carefully.
— Belinda Asbell