tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — NETGROUP

名称

netgroup – ネットワークグループを定義する

内容

書式


netgroup

解説

netgroup ファイルは ネットワークへの同じようなアクセス権を与えられた (host, user, domain) の形式の値の組を指定します。

このファイル中のそれぞれの行は、ネットグループ名とそれに続くネットグループの メンバリストで構成されます。 それぞれのメンバは、他のネットグループ名か、次のような値の組に する事ができます。

(host, user, domain)

ここで host, user, domain は、それぞれの構成要素に対応する文字列名です。 コンマで区切られたフィールドはどれも、空にする事で ``ワイルドカード'' を、 ``-'' にする事で ``値無し'' を指定する事ができます。 メンバリストは空白またはコンマで区切る事ができ、文字 ``\'' を行の最後 に使う事によって行を継続できます。 1 行は 1024 文字までに制限されています。 netgroup データベースにアクセスするためには、通常 getnetgrent(3) の中の関数が使われます。

# で始まる行はコメントとして扱われます。

NIS/YP の相互作用

他の多くのプラットフォームでは、 netgroup はもっぱら NIS と一緒に用いられ、ローカルの /etc/netgroup ファイルは無視されます。 FreeBSD では NIS かローカルファイルの netgroup のどちらかを使うようにする事が出来ます。しかし、 この機能は慎重に使うべきです。 現在の netgroup システムは、 innetgr(3) を用いた照会に関する部分が極めて非効率です。 これは、問い合わせのあったその場で netgroup のメンバ情報を計算するためです。 それに比べて、 NISnetgroup データベースは innetgr(3) が素早く照会を完了させるためのキー項目を持った 3 つのマップ (netgroup と netgroup.byuser と netgroup.byhost) によって構成されています。 FreeBSD の netgroup システムは、次の方法で NISnetgroup マップと互いに作用し合う事が出来ます:

関連ファイル

/etc/netgroup
  ネットグループデータベース

関連項目

getnetgrent(3), exports(5)

互換性

このファイルフォーマットは、さまざまなベンダと互換性がありますが、 すべてのベンダが同一のフォーマットを使っているわけではないようです。

バグ

ネットグループのメンバの組に基づいたアクセス制限の解釈は、さまざまな ネットワークアプリケーション任せになっています。 また、ドメイン指定を BSD 環境に適用する方法も不明確です。

netgroup データベースは逆引きスピードアップのため、 passwd(5) の様にハッシュ化された db(3) データベースに格納されるべきです。


NETGROUP (5) December 11, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

"I liken starting one's computing career with Unix, say as an undergraduate, to being born in East Africa. It is intolerably hot, your body is covered with lice and flies, you are malnourished and you suffer from numerous curable diseases. But, as far as young East Africans can tell, this is simply the natural condition and they live within it. By the time they find out differently, it is too late. They already think that the writing of shell scripts is a natural act."
— Ken Pier, Xerox PARC