tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — RESOLVER

名称

resolver – リゾルバ設定ファイル

内容

書式


resolv.conf

解説

resolver(3) はインターネットドメインネームシステムへのアクセスを提供する C ライブラリのルーチン群です。 リゾルバ設定ファイルは、はじめてリゾルバルーチンがプロセスによって呼び出 されたときに読み込まれる情報を含んでいます。 ファイルは人間が読めるように設計されており、様々な種類のリゾルバ情報を 提供する、値つきのキーワードのリストを含んでいます。

普通に構成されたシステムでは、このファイルは必要ではありません。 問い合わせされる唯一のネームサーバはローカルマシン上にあり、ホスト名 からドメイン名が決定され、ドメインの検索パスがそのドメイン名から作成 されます。

様々な設定オプションは以下の通りです。
nameserver
  リゾルバが問い合わせをするネームサーバのインターネットアドレス (ドット表記)です。 キーワード毎に 1 つづつ、計 MAXNS (現状では 3)台までのネームサーバが記述できます。 複数のサーバが記述されている場合、リゾルバライブラリは記述された順に 問い合わせを出します。 nameserver エントリが記述されていない場合、デフォルトではローカルマシン上のネーム サーバを使用します (ここで使われるアルゴリズムは以下のようになります。 まず、あるネームサーバに問い合わせを試みます。 この問い合わせがタイムアウトになれば、 次のネームサーバに問い合わせを試み、これをネームサーバがなくなるまで続けます。 応答がない場合、この一連の問い合わせの試みをリトライ最大回 数に達するまで繰り返します)。
domain ローカルドメイン名。 そのドメイン内での名前の問い合わせのほとんどが、ローカルドメインにおける 短い名前を使用することができます。 domain エントリが記述されていない場合、 gethostname(3) で得たローカルホスト名からドメインを決定します。 ドメイン部は最初の ‘.’ 以降の全てとなります。 ホスト名がドメイン部を含んでいない場合、最終的には ルートドメインが使用されます。
search ホスト名調査のための検索リスト。 通常、検索リストはローカルドメイン名から決定されます。 デフォルトでは、ローカルドメイン名のみを含みます。 検索リストは、 search キーワードの後にスペースまたはタブで区切られた ドメイン検索パス名を羅列することで 変更できます。 ほとんどのリゾルバの問い合わせは、検索パスの各構成要素を一致するエントリが 見つかるまで順に試します。 記述されたドメインのサーバがローカルではない場合、この処理は低速で多くの ネットワークトラフィックを発生させる可能性があることと、それらのいずれかの ドメインに関して、使用可能なサーバが 1 つも存在しない場合には問い合わせが タイムアウトすることに注意する必要があります。

現在のところ、検索リストは 6 ドメイン、計 256 文字に制限されます。

sortlist sortlist を用いて gethostbyname により返されるアドレスをソートできます。 sortlist は IP アドレスとネットマスクの組で指定されます。 ネットマスクはオプションであり、 デフォルトのネットマスクはネットに対する自然なネットマスク (natural netmask) です。 IP アドレスとオプションのネットマスクの組はスラッシュで区切ります。 10 組まで指定可能です。 例として、

    sortlist 130.155.160.0/255.255.240.0 130.155.0.0

options options によりリゾルバの内部変数を修正できます。 文法は

options option ...

であり、 option は以下のいずれかです:

debug _res.options の RES_DEBUG を設定します。
ndots:n 最初の絶対問い合わせ が行われる前に、 res_query() (resolver(3) 参照) に与えられる名前に含まれるべきドット数の閾値を設定します。 n のデフォルトは "1" です。 これは、名前中にドットがあれば、 search list 要素が追加される前に、 その名前がまず絶対名として試されることを意味します。
timeout:n リゾルバが違うネームサーバに問い合わせにいくまでに、 リモートのネームサーバからの応答を待つ初期時間を設定します。 リゾルバは、現在の問い合わせ後のリトライ中にはこの初期時間よりも 長い時間応答を待ってもよいです。 なぜなら、指数関数的なバックオフが タイムアウト値に適用されるからです。 秒数で数えられ、デフォルトは RES_TIMEOUT であり、許可される最大値は RES_MAXRETRANS (<resolv.h> 参照) です。
attempts:n リゾルバがあきらめて呼び出し元のアプリケーションにエラーを返す前に、 各ネームサーバに何度問い合わせを送信するか設定します。 デフォルトは RES_DFLRETRY であり、許可される最大値は RES_MAXRETRY (<resolv.h> 参照) です。
no_tld_query
  リゾルバにトップレベルのドメイン名、すなわちドットを持たない名前を 解決しないようにさせます。 このオプションを使用しても、リゾルバが与えられた名前を使用して標準の domain search のルールに従うことを防ぐことはできません。

options は RES_OPTIONS 環境変数を使用して、空白またはタブ区切りのリストとして指定できます。

domain search キーワードは排他的です。 これらのキーワードが 1 つ以上記述されている場合、 最後のキーワードが有効になります。

キーワードと値は同一行に存在する必要があり、キーワード (例えば nameserver) は行の先頭にある必要があります。 値はキーワードに続いて空白で区切って記述します。

関連ファイル

/etc/resolv.conf
  resolv.conf /etc に存在します。

関連項目

gethostbyname(3), resolver(3), hostname(7), named(8)

Name Server Operations Guide for BIND,

歴史

resolv.conf ファイルフォーマットは BSD 4.3 で登場しました。

RESOLVER (5) September 9, 2004

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.