tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — MAKEWHATIS.LOCAL

名称

makewhatis.local – ローカルファイルシステムに対して makewhatis または catman を開始する

内容

書式


/usr/libexec/makewhatis.local [options] directories ...
/usr/libexec/catman.local [options] directories ...

解説

makewhatis.local ユーティリティは makewhatis(1) を開始しますが、 makewhatis.local が実行されるシステムに物理的にマウントされているファイルシステムだけを 対象とします。 読み書き可能な NFS マウントされた /usr ディレクトリに対し periodic weekly から makewhatis を起動すると NFS サーバを殺してしまうでしょう -- すべての NFS クライアントが makewhatis を同時に開始してしまうからです! ですから、 cron(8) へのラッパにこのプログラムを使用し、直接 makewhatis を呼ばないで下さい。 catman.local ユーティリティは makewhatis.local と同様の目的で使用されますが、 catman(1) 用です。

関連ファイル

/etc/periodic/weekly/320.whatis 毎週 makewhatis.local を実行します。
/etc/periodic/weekly/330.catman 毎週 catman.local を実行します。

関連項目

catman(1), find(1), makewhatis(1), cron(8), periodic(8)

歴史

makewhatis.local ユーティリティは FreeBSD 2.2 から登場しました。

MAKEWHATIS.LOCAL (8) April 26, 1996

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

If you sat a monkey down in front of a keyboard, the first thing typed would be a unix command.
— Bill Lye