tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — CHKPRINTCAP

名称

chkprintcap – プリントスプーラデータベースのエントリの正当性をチェックする

内容

書式


chkprintcap [-d] [-f printcap]

解説

chkprintcap ユーティリティは printcap(5) データベース (引数 printcap で指定されるファイルか、 デフォルトでは /etc/printcap) を調べて、いろいろと不正なエントリを探します。 現在、以下のチェックが実装されています :
  1. 'tc=' 参照が正しく展開されたか
  2. 'tc=' 参照がループを形成しなかったか
  3. 2 つのプリンタが同じスプールディレクトリを共有していないか '(sd=' ケーパビリティ)

chkprintcap ユーティリティは、 処理を終えるまでに遭遇したエラーの数と同じ終了ステータスで終了します。 (場合によっては、 ファイル全体が調査されるより前に処理が中止されることもあります。)

-d フラグを与えると、 chkprintcap は存在しないスプールディレクトリを、モード 'u=rwx,go=rx' (0755), グループ 'daemon', データベースの 'du=' ケーパビリティで指定される所有者 (デフォルトは 1 で、これはユーザ 'daemon' にあたります) で作成しようとします。

関連項目

lpr(1), printcap(5), lpd(8)

作者

chkprintcap ユーティリティは Garrett A. Wollman <wollman@lcs.mit.edu> が作成しました。

バグ

正当性チェックが十分とはいえません。 最低限、スプールディレクトリの所有者とモードもチェックするべきです。 lpd(8) を失敗させ得るような値を持つ他のパラメータも診断するべきです。

CHKPRINTCAP (8) November 30, 1997

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

If it wasn't for C, we'd be using BASI, PASAL and OBOL