tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — FIXMOUNT

名称

fixmount – リモートマウントエントリを修正する

内容

書式


fixmount [-adervq] [-h name] host ...

解説

fixmount は、 showmount(8) の一種で、 リモートの mountd(8) デーモンの中の腐ったマウントエントリを削除することができます。 オプションで指定するアクションは、 host それぞれに対して順次適用されます。

オプション

-a -d -e
  このオプションは、ローカルホストに属すエントリのみが表示されるという 点を除けば、 showmount(8) のそれのように動作します。
-r
  host 上のリモートマウントエントリで現在のマウントと一致しないもの、 すなわちクラッシュにより残されてしまったエントリや、 不適切なマウントプロトコルの結果生じたエントリなどを削除します。 実際にマウントされているかどうかは、 /etc/mtab にあるエントリを用いて確認します。
-v
  リモートのマウントを確認します。 腐ったエントリひとつひとつについて通知メッセージが表示される 点を除けば、 -r と同様です。 リモートマウントテーブルは変更されません。
-A
  リモートの mountd に対して、 すべて のファイルシステムがアンマウントされてしまっていることを宣言する コマンドを発行します。このコマンドは十分注意して用いるべきです。 というのは、 ローカルで今なおマウントしているファイルシステムの有無に かかわらず、ローカルシステムに属すリモートマウントエントリの すべてを削除してしまうからです。
-v
  静かにします。タイムアウトや、 "Program not Registered" すなわち、リモートホストが RPC をサポートしていないことや、 mountd を実行していないことによるエラーメッセージを抑止します。
-h name
  ローカルホスト名が name であるかのように振舞います。 これは、ローカルホスト名が変更されたあとで、古い名前を使っている rmtab エントリがリモートマシン上に残っている場合に有用です。 残念ながら、mountd のほとんどは、このようなエントリの削除をうまく 扱うことができません。ですから、このオプションは、 -v だけと組み合わせて使うと有用です。

このオプションは、リモートで記録されたホスト名とローカルのホスト名を アドレスで比較する際の時間を節約することにもなります。

関連ファイル

/etc/mtab
  現在のマウントのリスト。
/etc/rmtab
  NFS サーバ上にある、リモートマウントエントリのバックアップファイル。

関連項目

mtab(5), rmtab(5), mountd(8), showmount(8)

バグ

/etc/mtab それ自身の情報を確認しようとすることは一切しません。

スワップファイルのマウントは /etc/mtab に記録されないため、 そのようなマウントが実際に生じているかどうかを判断するために、 SunOS 固有の判断の工夫を用いています (文字列 ‘swap’ を ‘root’ と置換して、その結果のパスを確認しています)。

サーバ上のシンボリックリンクは、リモートエントリのパスと /etc/mtab の中のパスとが異なる原因になります。 このような事象の発生を捕まえるには、 ローカルの マウントポイントがリモートエントリと同一の場合に、ファイルシステムが マウントされていると考えることです。 例えば、SunOS のディスクレスクライアント上の server:/export/share/sunos.4.1.1 は、実際は /usr/share です。 ローカルのマウントポイントが同様に /usr/share であるから、このマウントを正しく扱うことができるのです。

ローカルホスト名 (または名前の逆引きが返すもの) が変更された後で、 リモートの mountd の中の無効 (stale) エントリをクリアする方法はありません。 このような場合の面倒を見るためには、リモートの /etc/rmtab を編集し、 mountd を再スタートさせる必要があります。

mountd 呼び出しの RPC タイムアウトの変更は、再コンパイルするしかありません。 クライアントハンドル生成のデフォルトは 2 秒で、RPC 呼び出しの デフォルトは 5 秒です。

作者

Jan-Simon Pendry <jsp@doc.ic.ac.uk>, Department of Computing, Imperial College, London, UK.

Erez Zadok <ezk@cs.columbia.edu>, Department of Computer Science, Columbia University, New York, USA.

他の作者am-utils に貢献した人のリストは、 am-utils とともに配布されるファイル AUTHORS の中にあります。

歴史

fixmount ユーティリティは FreeBSD 3.0 で登場しました。

FIXMOUNT (8) February 26, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Our grievance is not just against Unix itself, but against the cult of Unix zealots who defend and nurture it. They take the heat, disease, and pestilence as givens, and, as ancient shamans did, display their wounds, some self-inflicted, as proof of their power and wizardry. We aim, through bluntness and humor, to show them that they pray to a tin god, and that science, not religion, is the path to useful and friendly technology.
— The Unix Haters' handbook