tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — KERBEROS

名称

kerberos – Kerberos システムの手引き

内容

解説

Kerberos はネットワーク認証システムです。 その目的は安全でないネットワークでユーザとサービスを安全に認証することです。

これは、信頼できる第三者として動作し、(まとめて principal と呼ばれる) ユーザとサービスすべての秘密鍵のデータベースを保持する Kerberos サーバで行われます。

各 principal はただ 1 つの realm に所属します。 realm とは Kerberos での管理領域のことです。 realm はたいてい組織に対応し、普通は組織のドメイン名に由来する名前です。 1 つの realm には、1 つもしくは複数の Kerberos サーバがあります。

認証の過程で 'チケット' と '認証子' の交換が行われます。 これらはどちらも principal の身分を証明するものです。

通常のシステムログインもしくは kinit(1) [英語] プログラムのどちらかで Kerberos システムにログインする時に、 チケット交付チケット を取得します。 これによって、 telnet ftp などの他のサービスのための新しいチケットを パスワードを入力することなく取得できます。

Kerberos がどのように動作するかについてのより詳しい情報や Kerberos に関するその他の一般的な疑問については http://www.nrl.navy.mil/CCS/people/kenh/kerberos-faq.html の the Kerberos FAQ を参照して下さい。

セットアップについては、Heimdal Texinfo マニュアルを参照して下さい。

関連項目

ftp(1), kdestroy(1), kinit(1) [英語], klist(1) [英語], kpasswd(1), telnet(1)

歴史

Kerberos 認証システムは 1980 年代の後半にマサチューセッツ工科大学 (MIT) で Athena プロジェクトの一環として開発されました。 1 から 3 までのバージョンは MIT 外部に出ることはありませんでしたが、 バージョン 4 は、特に研究者たちによって、かなり一般的に使用されていました (そして今でも使用されています)。 また、AFS ファイルシステムのような商用製品でも使用されています。

バージョン 4 の問題は、多くの制限があること、 (長い間開発されていたので) コードがあまりきれいに書かれていないこと、 たくさんの既知のセキュリティの問題があることです。 この問題の多くを解決するため、バージョン 5 の作業が始められ、 1993 年に IETF RFC1510 という形になりました。 それ以来、多くの開発作業が行われており、うまくいけば間もなく 新しい RFC が出てくるでしょう。

このマニュアルページは、1997 年頃からスウェーデンの王立ストックホルム工科大学で 開発されている Heimdal Kerberos 5 ディストリビューションの一部です。


HEIMDAL KERBEROS (8) September 1, 2000

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

To err is human...to really foul up requires the root password.