tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — TELNET

名称

telnet TELNET プロトコルを用いて他のホストと通信する

内容

書式


telnet [-468EFKLNacdfruxy] [-S tos] [-X authtype] [-e escapechar] [-k realm] [-l user] [-n tracefile] [-s src_addr] [ host [port] ]

解説

telnet コマンドは、 他のマシンとの間で TELNET プロトコルを用いた通信を行なう時に用いられます。 telnet が、 host 引数なしで起動された場合には、 ("telnet>") プロンプトを表示して、コマンドを受け付けるモードに移行します。 本モードでは、telnet は、後述のコマンドを解釈し、実行できます。 telnethost 引数を付加して起動された場合には、 open コマンドをその引数で実行した場合と同様の動作を行ないます。

telnet コマンドでは、以下のオプションが使用可能です。
-4
  telnet に IPv4 アドレスのみを使用するよう強制します。
-6
  telnet に IPv6 アドレスのみを使用するよう強制します。
-8
  8 ビットデータをそのまま通すよう指示します。本オプションは、データ入出力時に TELNET BINARY オプションを使用することを意味します。
-E
  エスケープ文字の解釈を禁止します。
-F
  もし Kerberos V5 ユーザ認証を使用している場合 -F オプションはローカル credential をリモートシステムに送るのを許可します。 すでにローカルに送られているすべての credential を含みます。
-K
  リモートシステムへの自動ログインを行なわないよう指示します。
-L
  出力を 8 ビットクリーンにします。 本オプションは、データ出力時に BINARY オプションを使用することを意味します。
-N
  接続先ホストが IP アドレスで与えられた場合、 IP アドレスを元にした名前の検索を抑止します。
-S tos
  IP のサービス型 (TOS) を設定します。 TOS は、数字で指定するか、システムが /etc/iptos ファイルをサポートしている場合には、そのファイル中で定義された 値と対応するシンボルを指定します。
-X atype
  atype で指定されたユーザ認証を無効にします。
-a
  自動ログインを行ないます。 現在、これはデフォルトですので、本オプションは無視されます。 リモートシステムで ENVIRON オプションの サポートをしている場合には、 ENVIRON オプションの USER 変数をログイン名として用います。 使用されるログイン名は、カレントユーザ ID とログイン名の対応が 一致する場合には、 getlogin(2) で取得される名前です。それ以外の場合は、UID に対応する名前が 用いられます。
-c
  ユーザの .telnetrc ファイルを使いません (本マニュアル中の toggle skiprc コマンドを参照してください)。
-d
  変数 debug の初期値を TRUE に設定します。
-e escapechar
  telnet のエスケープ文字の初期値を escapechar に設定します。 escapechar が省略された場合には、 エスケープ文字は無いことになります。
-f
  もし Kerberos V5 ユーザ認証を使用している場合 -f オプションはローカル credential をリモートシステムに送るのを許可します。
-k realm
  もし Kerberos ユーザ認証を使用している場合 -k オプションを指定すると、 krb_realmofhost(3) で決定されるリモートホストの realm の代わりに、 realm からリモートホストに対するチケットが得られるように要求します。
-l user
  リモートシステムが ENVIRON オプションをサポートしている場合、リモートシステムへの接続時に リモートシステムに変数 USER の値として user を送信します。 本オプションは、 -a オプションとともに使用します。 また、本オプションは、 open コマンドととも一緒に使用します。
-n tracefile
  トレース情報を記録するために tracefile をオープンします。 後述の set tracefile コマンドを参照して下さい。
-r
  rlogin(1) と似たインタフェースを提供します。 本モードでは、エスケープ文字はチルダ文字 (~) に設定されます。 ただし、 -e オプションで変更された場合には、この限りではありません。
-s src_addr
  telnet 接続の送信元 IP アドレスを、 src_addr に設定します。 IP アドレスとホスト名のどちらでも指定可能です。
-u
  telnet AF_UNIX アドレスのみを使用するよう強制します ( Unix ドメインソケットであり、ファイルパスでアクセスされます)。
-x
  可能であれば、データストリームの暗号化を有効にします。 現在、これはデフォルトですので、本オプションは無視されます。
-y
  データストリームの暗号化を抑制します。
host リモートホストの公式な名前、別名、または IP アドレスを指定します。 host が ‘/’ で開始する場合、 telnet は対応する名前のソケットとの接続を確立します。
port telnet が叩くリモートホストの TCP ポート番号を指定します。指定されない 場合には、デフォルトの telnet ポート番号が使われます。

rlogin モードでは、~. をコマンドラインの先頭で入力すると、 リモートホストとの接続が切れます。この時、~ は telnet のエスケープ文字 として働きます。 また、~^Z をコマンドラインの先頭で入力すると、 telnet セッションはサスペンドされます。 そして、~^] をコマンドラインの先頭で入力すると、通常の telnet のエスケーププロンプトが出力され、コマンド入力モードに移行します。

接続が開設されると、 telnet TELNET LINEMODE を有効にしようとします。 これが失敗すると、次に telnet は “character at a time” と “old line by line” の 2 つの入力モードのうち、どちらか 1 つを選択します。 これは、リモートシステムがサポートするモードに依存します。

LINEMODE が有効になった場合、 文字処理は、 リモートシステムの制御のもとでローカルシステムで行なわれます。 入力行の編集や、文字エコーは無効になり、 リモートシステムがそれらの操作情報を中継します。 リモートシステムは、 リモートシステムで生成された特殊文字をすべてローカルシステムに送ります。 その結果、ローカルシステムの制御が可能になります。

“character at a time” モードでは、ほとんどのテキスト入力は、 すぐにリモートシステムに送られて処理されます。

“old line by line” モードでは、すべてのテキストはローカルにエコーバック されます。そして、通常、完全な行のみがリモートホストに送信されます。

“old line by line” モードでは、すべてのテキストはローカルに エコーされ (普通は) 完全な行だけがリモートホストに送られます。 “local echo character” (初期設定は“^E”)は、ローカルエコー の有効/無効を切り替えるのに用いられます (これは、パスワードをエコーバックし ないために、パスワード入力時によく用いられる機能です)。

LINEMODE オプションが有効になっている場合、もしくは localchars TRUE になっている場合には (デフォルトでは、“old line by line” に設定されて います。以下を参照)、ユーザの quit, intr, flush 文字はローカルでトラップされます。そして、 TELNET プロトコルシーケンスとしてリモートホストに送信されます。 LINEMODE が有効になっている場合には、 ユーザの susp および eof もまた TELNET プロトコルシーケンスとしてリモートホストに送信されます。そして、 quit BREAK のかわりに TELNET ABORT として送信されます。 また、 (リモートホストが TELNET シーケンスを認識するまで) 端末へのサブシーケンス出力をフラッシュするオプション ( toggle, autoflush, toggle, autosynch を参照して下さい) や、( quit, intr の場合に) 端末の先行入力をフラッシュするオプションもあります。

リモートホストと接続中に “escape character” (初期値は “^]” です) を入力することで、 telnet コマンドモードに移行できます。 コマンドモードに移行すると、通常の対話的画面編集が可能になります。

telnet のコマンドモードでは、以下のコマンドが使用できます。 コマンドを入力する場合には、先頭からコマンドを特定できるだけの文字を入れ るだけでコマンドが認識されます。 ( mode, set, toggle, unset, slc, environ, display コマンドの引数についても同じことがいえます)。

auth argument ...
  auth コマンドは、 TELNET AUTHENTICATE オプションを用いて送られる認証情報を操作します。 auth コマンドのとりうる引数は、以下の通りです。
disable type
  指定した認証タイプを無効にします。認証タイプの一覧を見たい場合には、 auth disable ? とコマンドを実行して下さい。
enable type 指定された認証タイプを有効にします。 認証タイプの一覧を見たい場合には、 auth enable ? とコマンドを実行して下さい。
status 認証タイプの現在の状態一覧を表示します。
close TELNET セッションを終了し、コマンドモードに復帰します。
display argument ...
  set および toggle で設定された値 (後述) のすべて、もしくは一部を表示します。
encrypt argument ...
  encrypt コマンドは、 TELNET ENCRYPT オプションによって送られる情報を操作します。

encrypt コマンドのとりうる引数は以下の通り:

disable type
  [ input | output] 指定されたタイプの暗号化を無効にします。 input か output かが省略された場合、両方が無効になります。 encrypt disable ? コマンドを使えば type として何が使用できるかを表示できます。
enable type
  [ input | output] 指定されたタイプの暗号化を有効にします。 input か output かが省略された場合、両方が有効になります。 encrypt enable ? コマンドを使えば type として何が使用できるかを表示できます。
input encrypt start input コマンドと同じです。
-input
  encrypt stop input コマンドと同じです。
output
  encrypt start output コマンドと同じです。
-output
  encrypt stop output コマンドと同じです。
start [ input | output]
  暗号化を開始します。 input output かが省略された場合、 両方が暗号化されます。 encrypt enable ? コマンドを使えば type として何が使用できるかを表示できます。
status
  暗号化の現在の状態を表示します。
stop [ input | output]
  暗号化を中止します。 input か output かを省略した場合は 両方に対して作用します。
type type
  encrypt start encrypt stop が使われた時のデフォルトの暗号化タイプを設定します。
environ arguments ...
  environ コマンドは、 TELNET ENVIRON オプションを用いて送られる変数を取り扱うのに用いられます。 最初に設定される変数は、ユーザ環境変数から取られ、 デフォルトでは DISPLAY および PRINTER のみ値が環境に取り込まれます。 変数 USER が環境に取り込まれるのは、 -a もしくは -l オプションが起動時に指定された場合です。

environ コマンドの取りうる引数は、以下の通りです。

define variable value
  変数 variablevalue と定義します。 本コマンドで定義された変数は、自動的に環境に取り込まれます。 value については、スペースやタブを含む場合には、シングルクォーテーション、 もしくはダブルクォーテーションで囲んでも構いません。
undefine variable
  環境変数 variable の定義を無効にします。
export variable
  変数 variable が、リモートホストの環境に取り込まれるように設定します。
unexport variable
  変数 variable を、リモートホストに取り込まないように設定します。ただし、リモートホストへ 明示的に取り込むよう指定された変数に関しては、意味を持ちません。
list 現在設定されている環境変数の一覧を表示します。 * マークが付加されている環境変数については、リモートホストに自動的に取り込ま れます。他の変数は、明示的に要求されない限り、取り込まれることはありません。
? environ コマンドのヘルプメッセージを表示します。
logout
  TELNET LOGOUT オプションをリモートホストに送信します。 本コマンドは、 close と似ていますが、リモートホストが LOGOUT オプションをサポートしていない場合には、何も起きません。 しかしながら、リモートホストが LOGOUT オプションをサポートしている場合には、本コマンドはリモートホストに TELNET 接続の切断を指示します。 リモートホストが再接続のためにセッションのサスペンドもサポートしている場合には、 logout 引数は、セッションを即時切断することを示します。
mode type
  type は、 TELNET セッションの状態に依存するオプションの 1 つです。 リモートホストはリクエストモードに入るための許可を求められます。 リモートホストが許可を得られればリクエストモードに入ります。
character
  TELNET LINEMODE オプションを無効にする、 あるいはリモートホストが LINEMODE オプションを解釈できない場合に “character at a time” モードに入ります。
line TELNET LINEMODE オプションを有効にする、 あるいはリモートホストが LINEMODE オプションを解釈できない場合に “old-line-by-line” モードに入ろうとします。
isig ( -isig)
  LINEMODE オプションの TRAPSIG モードを有効 (無効) にします。 LINEMODE オプションが有効になっている必要があります。
edit ( -edit)
  LINEMODE オプションの EDIT モードを有効 (無効) にします。 LINEMODE オプションが有効になっている必要があります。
softtabs ( -softtabs)
  LINEMODE オプションの SOFT_TAB モードを有効 (無効) にします。 LINEMODE オプションが有効になっている必要があります。
litecho ( -litecho)
  LINEMODE オプションの LIT_ECHO モードを有効 (無効) にします。 LINEMODE オプションが有効になっている必要があります。
? mode コマンドのヘルプメッセージを表示します。
open host [-l user] [[]port] 指定されたホストとの間で、接続を開設します。 ポート番号が指定されない場合は、 telnet は、デフォルトのポート番号を用いて、指定されたホストの TELNET サーバとの接続を試みます。 ホストの指定については、ホスト名 ( hosts(5) を参照して下さい) もしくは、 ドット表記のIPアドレス ( inet(3) を参照して下さい) もしくは、 IPv6 ホスト名もしくはコロン付き 16 進記法の IPv6 アドレス で指定します。 -l オプションは ENVIRON オプションによってリモートシステムに渡されるユーザ名を指定するのに 使われます。 標準でないポートにつなげた時は telnet はすべての TELNET オプションの自動初期化を省略します。 マイナス記号の後にポート番号が指定されている場合は、 初期オプションネゴシエーション (initial option negotiation) が行なわれます。 接続した後、ホームディレクトリの .telnetrc ファイルが読み込まれます。 # で始まる行はコメントです。 空行は無視されます。 空白以外で始まっている行は マシンエントリの始まりです。 最初の項目は接続しているマシンの名前です。 その後の項目、およびそれに続く空白で始まっている 行は telnet コマンドであるとみなされ、 telnet コマンドプロンプトでそのコマンドを入力した場合と 同じように処理されます。
quit TELNET セッションをただちに切断し、 telnet を終了します。 コマンドモードにおいて、EOF を入力した場合も同様です。
send arguments
  1つ以上の特殊文字シーケンスをリモートホストに送信します。 以下は指定可能な引数です (1 度に複数の引数を指定できます)。

abort TELNET ABORT (Abort processes) シーケンスを送ります。
ao TELNET AO (Abort Output) シーケンスを送ります。 これはリモートシステム 端末 すべての出力をフラッシュさせます。
ayt TELNET AYT (Are You There) シーケンスを送ります。 リモートシステムはそれに応答するかしないかを選択できます。
brk TELNET BRK (Break) シーケンスを送ります。 リモートシステムにとって 重要な意味があるかもしれません。
ec TELNET EC (Erase Character) シーケンスを送ります。 これはリモートシステムに最後に入力された文字を 消去させます。
el TELNET EL (Erase Line) シーケンスを送ります。 これはリモートシステムに現在入力中の行を 消去させます。
eof TELNET EOF (End Of File) シーケンスを送ります。
eor TELNET EOR (End of Record) シーケンスを送ります。
escape
  現在の telnet エスケープ文字を送ります (初期値は “^” です)。
ga TELNET GA (Go Ahead) シーケンスを送ります。 おそらくリモートシステムにとってたいした意味は無いでしょう。
getstatus
  リモートシステムが TELNET STATUS コマンドをサポートしていれば、 getstatus はサーバに現在のオプションステータスを送るように要求します。
ip TELNET IP (Interrupt Process) シーケンスを送ります。 これはリモートシステムに現在実行中のプロセスを 中断させます。
nop TELNET NOP (No OPeration) シーケンスを送ります。
susp TELNET SUSP (SUSPend process) シーケンスを送ります。
synch TELNET SYNCH シーケンスを送ります。 このシーケンスはリモートシステムに、 それまでに送られた (しかしまだ読み込まれていない) 入力を 捨てさせます。 このシーケンスは TCP 緊急データとして送られます (しかしリモートシステムが BSD 4.2 の場合、効かないかも知れません。 もし効かなかった場合は端末に “r” が返される場合があります)。
do cmd
dont cmd
will cmd
wont cmd
  TELNET DO cmd シーケンスを送ります。 cmd は 0 から 255 までの十進数か、 特定の TELNET コマンドに対するシンボル名です。 cmd として 既知のシンボル名のリストを含むヘルプメッセージを表示する help または ? を指定可能です。
? send コマンドのヘルプメッセージを表示します。
set argument value
unset argument value
  set コマンドは、指定した telnet 変数の 1 つを、特定の値を設定するか、 TRUE にします。 特別な値 off は、変数に関連する機能を無効にします。これは、 unset コマンドと同じです。 unset コマンドは、指定された機能を無効にするか、 FALSE に設定します。 変数の値は display コマンドによって調べることができます。 トグルでなく設定、無効にされる変数を以下に示します。 また toggle コマンドに対する変数は set および unset コマンドによって明示的に 設定および無効にすることができます。
ayt TELNET がローカル文字モードになっているか、 あるいは LINEMODE が有効になっていて、 ステータス文字が入力された場合、 TELNET AYT シーケンス (前述の send ayt 参照) がリモートホストに送られます。“Are You There” 文字の初期値は ターミナルステータス文字です。
echo これは “line by line” モード時に 入力された文字をローカルに表示する (通常処理) か しないか (たとえばパスワード入力時) を 切り替えるのに使われる値 (初期値は “^E” ) です。
eof telnet LINEMODE あるいは “old line by line” モードで動作していれば、 行の最初の文字としてこの文字を入力すると、 この文字をリモートシステムに送ります。 初期値として、端末の eof 文字が使われます。
erase telnet localchars モード (後述の toggle localchars を参照) になっていて、 そして “character at a time” モードで動作していれば、 この文字が入力された時に TELNET EC シーケンス (前述の send ec を参照) が リモートシステムに送られます。 初期値として、端末の erase 文字が使われます。
escape
  これは (リモートシステムと接続している時に) telnet コマンドモードに入る telnet エスケープ文字 (初期値 “^[”) です。
flushoutput
  telnet localchars モード (後述の toggle localchars を参照) になっていて、 flushoutput 文字が入力された時に TELNET AO シーケンス (前述の send ao を参照) が リモートシステムに送られます。 初期値として、端末の flush 文字が使われます。
forw1
forw2
  telnet LINEMODE で動作している時に この文字が入力されると 行の一部がリモートシステムに送られます。 初期値として、端末の eol および eol2 文字が 使われます。
interrupt
  telnet localchars モード (後述の toggle localchars を参照) になっている時に、 interrupt 文字が入力されると TELNET IP シーケンス (前述の send ip を参照) が リモートホストに送られます。 初期値として、端末の intr 文字が使われます。
kill telnet localchars モード (後述の toggle localchars を参照) になっていて、 そして “character at a time” モードで動作していれば、この文字が入力された時に TELNET EL シーケンス (前述の send el を参照) がリモートシステムに送られます。 初期値として、端末の kill 文字が使われます。
lnext telnet LINEMODE か “old line by line” モードで動作している時に、端末の lnext 文字がこの文字として使われます。 初期値として、端末の lnext 文字が使われます。
quit telnet localchars モード (後述の toggle localchars を参照) になっていて、 quit 文字が入力されると、 TELNET BRK シーケンス (前述の send brk を参照) が リモートホストに送られます。 初期値として、端末の quit 文字が使われます。
reprint
  telnet LINEMODE あるいは “old line by line” モードで動作している時に、端末の reprint 文字がこの文字として使われます。 初期値として、端末の reprint 文字が使われます。
rlogin
  これは rlogin エスケープ文字です。 もし設定されていれば、行の最初でこの文字が入力されている場合を除き、 通常の telnet エスケープ文字は無視されます。 行の最初でこの文字に続けて "." が入力された場合、 接続が切れます。 続けて ^Z が入力された場合、 telnet コマンドが中断されます。 初期状態では rlogin エスケープ文字は 無効になっています。
start もし TELNET TOGGLE-FLOW-CONTROL オプションが有効になっていれば、端末の start 文字としてこの文字が使われます。 初期値として、端末の start 文字が使われます。
stop もし TELNET TOGGLE-FLOW-CONTROL オプションが有効になっていれば 端末の stop 文字がこの文字として使われます。 初期値として、端末の stop 文字が使われます。
susp telnet localchars モードになっているか、 LINEMODE が有効になっている場合に suspend 文字が入力されると、 TELNET SUSP シーケンス (前述の send susp を参照) が リモートホストに送られます。 初期値として、端末の suspend 文字が使われます。
tracefile
  これは netdata あるいは option によって トレースが TRUE になっている場合に、出力が書き出されるファイルです。 もし "-" に設定されていれば、 トレース情報は標準出力 (デフォルト) に書き出されます。
worderase
  telnet LINEMODE か “old line by line” モードで動作している時に、端末の worderase 文字がこの文字として使われます。 初期値として、端末の worderase 文字が使われます。
? set ( unset) コマンドのヘルプメッセージを表示します。
opie sequence challenge
  opie コマンドは、OPIE チャレンジへの応答を計算します。
slc state
  slc (Set Local Characters) コマンドは、 TELNET LINEMODE オプションが有効な時に働く特殊文字を設定したり変更したりします。 特殊文字は ( ip quit のような) TELNET コマンドシーケンスや、( erase kill のような) 行編集文字に割り付けられます。 特殊文字はデフォルトで環境に取り込まれます。
check 現在の特殊文字の設定を確認します。 現在のすべての特殊文字の設定を送るように リモートに要求を送り、 もしローカルな設定と違いがあれば、 ローカルな設定をリモートの値にします。
export
  ローカルの特殊文字のデフォルトを変えます。 ローカルの特殊文字のデフォルトは telnet を起動した時の端末の特殊文字です。
import
  リモートの特殊文字のデフォルトを変えます。 リモートの特殊文字のデフォルトは TELNET 接続が確立した時のリモートの特殊文字です。
? slc コマンドのヘルプメッセージを表示します。
status
  telnet の現在のステータスを表示します。 これには現在のモードと同じくらい接続先のモードについての状態が含まれています。
toggle arguments ...
  telnet の動作を制御するさまざまな変数の値 ( TRUE FALSE ) を切り替えます。 この変数は前述の set unset を使って明示的に TRUE または FALSE に設定できます。複数の引数を指定可能です。 これらの変数の値は display コマンドによって調べることができます。 有効な引数の値は以下の通りです。
authdebug
  認証コードに対するデバッグ情報を有効にする。
autoflush
  autoflush localchars が両方とも TRUE で、 ao または quit 文字が設定されている (そして TELNET シーケンスに変換されている; 詳細は前述の set を参照)場合、 リモートシステムが ( TELNET TIMING MARK によって) それらの TELNET シーケンスを処理したと認められるまで、 telnet がどんなデータも端末に表示しないようにします。 初期値は、端末で "stty noflsh" を実行していなければ TRUE 、そうでなければ FALSE です ( stty(1) 参照)。
autodecrypt
  TELNET ENCRYPT オプションがネゴシエートされている時、デフォルトでは データの暗号 (復号) 化は自動的には始まりません。 autoencrypt (autodecrypt) コマンドは 出力 (入力) の暗号化ができるだけ早く有効になるようにします。
autologin
  もしリモートで TELNET AUTHENTICATION オプションがサポートされている場合、 telnet は自動認証を行うために、それを使おうとします。 AUTHENTICATION オプションがサポートされていない場合、 ログイン名は TELNET ENVIRON オプションを使用して伝えられます。 このコマンドは open コマンドで -a オプションが指定された場合と同じです。
autosynch
  autosynch localchars が両方とも TRUE になっている時に intr または quit 文字が入力されると ( intr および quit 文字の詳細は前述の set を参照)、 TELNET シーケンスが送られた結果は TELNET SYNCH に従います。 これは、リモートシステムに、 両方の TELNET シーケンスが読み込まれて作用するまで、 それまでのすべての入力を捨てさせる べき です。 初期値は FALSE です。
binary
  入力と出力の両方に対して、 TELNET BINARY オプションを有効または無効にします。
inbinary
  入力に対する TELNET BINARY オプションを有効または無効にします。
outbinary
  出力に対する TELNET BINARY オプションを有効または無効にします。
crlf もし TRUE なら、キャリッジリターンが <CR><LF> として送られます。 FALSE なら <CR><NUL> として送られます。 初期値は FALSE です。
crmod キャリッジリターンモードを切り替えます。 このモードが有効なら リモートホストから受けとられたほとんどのキャリッジリターンは キャリッジリターンとラインフィードに割り当てられます。 このモードはこれらの文字が入力された時には作用せず、 受けとらえた時にだけ作用します。 このモードはリモートホストがキャリッジリターンだけを送らなければ、 ラインフィードしないので、必ず役に立つというわけではありません。 初期値は FALSE です。
debug ソケットレベルデバッグ ( スーパユーザ にのみ役立つ) を切り替えます。 初期値は FALSE です。
encdebug
  暗号化コードに対するデバッグ情報を有効にする。
localchars
  もし TRUE ならば、 flush, interrupt, quit, erase, kill 文字 (前述の set 参照) はローカルに認識され、(うまくいけば) 適当な TELNET コントロールシーケンス (それぞれ ao, ip, brk, ec, el; 前述の send 参照) に変換されます。 初期値は “old line by line” モードでは TRUE “character at a time” モードでは FALSE です。 LINEMODE オプションが有効の時は、 localchars の値は無視されて、常に TRUE になります。 もし LINEMODE が有効になったことがあれば、 quit abort として送られ、 eof and suspend eof and susp として送られます (前述の send 参照)。
netdata
  (16 進フォーマットによる) すべてのネットワークデータの表示を切り替えます。 初期値は FALSE です。
options
  ( TELNET オプションを処理する時の) 内部の telnet プロトコルの処理の表示を切り替えます。 初期値は FALSE です。
prettydump
  netdata が有効になっている時、 prettydump が有効になっていれば、 netdata コマンドの出力を、より見やすいフォーマットにします。 出力の各文字の間にはスペースがはさまれ、 telnet エスケープシーケンスの前には、 探しやすいように '*' が置かれます。
skiprc
  skiprc が TRUE になっていると、 telnet は接続が開設される時に ホームディレクトリから .telnetrc を読まないようにします。 初期値は FALSE です。
termdata
  (16 進フォーマットによる) すべての端末データの表示を切り替えます。 初期値は FALSE です。
verbose_encrypt
  verbose_encrypt TRUE になっていると、 telnet はメッセージを表示するたびに暗号化が有効か無効かを表示します。 初期値は FALSE です。
? toggle コマンドのヘルプメッセージを表示します。
z telnet コマンドをサスペンドします。このコマンドは、ユーザが csh(1) を使用している時にのみ使用可能です。
! [command]
  ローカルシステムのサブシェルで、コマンドを1つ実行できます。 command が指定されなかった場合、サブシェルが対話モードで起動されます。
? [command]
  ヘルプメッセージを表示します。 引数が指定されなかった場合、 telnet はコマンド一覧を表示します。 command が指定された場合、 telnet はそのコマンドのヘルプメッセージを表示します。

環境変数

telnet は、少なくとも HOME, SHELL, DISPLAY, TERM 環境変数を用います。 他の環境変数は、 TELNET ENVIRON オプションによりリモートホストに送られます。

関連項目

rlogin(1), rsh(1), hosts(5), nologin(5), telnetd(8)

関連ファイル

~/.telnetrc
  ユーザカスタマイズ可能な telnet 初期設定ファイル

歴史

telnet コマンドは、 BSD 4.2 ではじめて実装されました。

IPv6 サポートは WIDE/KAME プロジェクトが追加しました。

リモートシステムの中には、“old line by line” モードで 手動でエコーバックを切り替えなければならない場合があります。

“old line by line” モードもしくは LINEMODE では、端末の eof 文字は、 それが行の先頭にある時だけ 認識され (リモートシステムに送られ) ます。


TELNET (1) January 27, 2000

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.