tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — LOADER.4TH

名称

loader.4th – loader.conf の処理ツール

内容

解説

loader.4th の名前で知られるファイルは、 loader.conf(5) ファイルを操作するためにデザインされたコマンドの集合です。 デフォルトの /boot/loader.rc は、 loader.4th を組み込み、そのコマンドのうちのひとつを使用することにより、標準の loader.conf(5) ファイルを自動的に読み込んで処理します。 他のコマンドは、ユーザが別の設定を指定することを助けるために存在しています。

loader.4th のコマンド自身は、 ほとんど全部の用途に間に合う程には十分ではありません。 最もありふれた状況における使用例については、 後述の使用例を参照してください。 追加のコマンドについては、 loader(8) を参照してください。

loader.4th で提供されるコマンドを使用する前に、 loader.4th を次のコマンドで組み込む必要があります:

    include loader.4th

この行は、デフォルトの /boot/loader.rc ファイルにありますので、標準の設定では不要です (し、再発行してはなりません)。

これにより提供されるコマンドは、次の通りです:
boot
boot kernelname [ ...]
boot directory [ ...]
boot -flag ...
  読み込んだ loader.conf(5) ファイルに指定される通りにブートへ進みます。

渡される引数に依存し、 ブートフラグとカーネル名もしくはカーネルとモジュールの検索パスを変更します。

boot-conf
boot-conf kernelname [ ...]
boot-conf directory [ ...]
boot-conf -flag ...
  前述の boot と同様に動作しますが、すぐにブートするのではなく、 autoboot を使用しますので、止めることが可能です。

start /boot/defaults/loader.conf と、ここで指定される他のすべての loader.conf(5) ファイルを読み込み、これらに指定される通りにブートへ進みます。 これはデフォルトの /boot/loader.rc ファイルで指定されるコマンドであり、 autoboot コマンド ( loader(8) 参照) を使用しますので、更に loader(8) と対話するために止めることが可能です。

initialize サポートライブラリを初期化します。これにより、最初に start を実行することなくコマンドを使用可能となります。 start のように、 /boot/defaults/loader.conf とそこで指定される他の loader.conf(5) ファイルを読み込みます。 スタック上にフラグを返し、 なんらかの設定ファイルを成功裏にロードできたかを示します。

read-conf filename loader.conf(5) ファイルを読み込み、処理します。ブートへは進みません。

enable-module module module のロードを有効にします。

disable-module module module のロードを無効にします。

toggle-module module module のロードのオンオフを切り替えます。

show-module module モジュール module に関して loader.conf(5) ファイル中で収集した情報を表示します。

retry loader.conf(5) ファイル中で使用され、モジュールのロードに失敗した後の動作を指定します。

ignore loader.conf(5) ファイル中で使用され、モジュールのロードに失敗した後の動作を指定します。

関連ファイル

/boot/loader loader(8) です。
/boot/loader.4th
  loader.4th 自身です。
/boot/loader.rc loader(8) ブートストラップスクリプトです。
/boot/defaults/loader.conf
  start コマンドによってロードされるファイルです。

使用例

標準の /boot/loader.rc は次のようになっています:

include /boot/loader.4th
start

標準の設定で別のカーネルをロードするには、次のようにします:

set kernel="kernel.old"
unload
boot-conf

追加の設定ファイルを読み込み、ブートへ進みます:

unload
read-conf /boot/special.conf
boot-conf

起動画面モジュールとビットマップの読み込みを無効化し、ブートへ進みます:

unload
disable-module splash_bmp
disable-module bitmap
boot-conf

関連項目

loader.conf(5), loader(8)

歴史

loader.4th コマンド群は FreeBSD 3.2 ではじめて登場しました。

作者

loader.4th コマンド群は Daniel C. Sobral <dcs@FreeBSD.org> によって書かれました。

バグ

英国のスパイ活動シリーズです (A british espionage series)。

LOADER.4TH (8) September 30, 2004

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.