tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — NEWFS_MSDOS

名称

newfs_msdos – 新規の MS-DOS (FAT) ファイルシステムを作成する

内容

書式


newfs_msdos [-N] [-B boot] [-F FAT-type] [-I volid] [-L label] [-O OEM] [-S sector-size] [-a FAT-size] [-b block-size] [-c cluster-size] [-e dirents] [-f format] [-h heads] [-i info] [-k backup] [-m media] [-n FATs] [-o hidden] [-r reserved] [-s total] [-u track-size] special [disktype]

解説

newfs_msdos ユーティリティは、FAT12, FAT16, FAT32 のいずれかのファイルシステムを、デバイス special 上に作成します。この際、必要ならば disktab(5)disktype を使用して、ジオメトリを決定します。

オプションを以下に示します:
-N
  ファイルシステムを作成しません: パラメータを表示するだけです。
-B boot
  ブートストラップをファイルから取得します。
-F FAT-type
  FAT タイプ (12, 16, 32 のいずれか)。
-I volid
  ボリューム ID。
-L label
  ボリュームラベル (11 文字まで)。 ラベルを構成する文字は、 通常の DOS (8+3) ファイル名に許される文字のみにする必要があります。
-O OEM
  OEM 文字列 (8 文字まで)。 デフォルトは "BSD 4.4" です。
-S sector-size
  セクタあたりのバイト数。 受け付ける値は、128 から 32768 までの、2 のべき乗です。
-a FAT-size
  FAT あたりのセクタ数。
-b block-size
  ファイルシステムのブロックサイズ (クラスタあたりのバイト数)。 この値は、受け付け可能なクラスタあたりのセクタ数 (後述) に、 分解可能である必要があります。
-c cluster-size
  クラスタあたりのセクタ数。 受け付ける値は、1 から 128 までの、2 のべき乗です。
-e dirents
  ルートディレクトリのエントリ数 (FAT12 と FAT16 のみ)。
-f format
  標準 (フロッピディスク) フォーマットを指定します。 標準フォーマットは、(それぞれキロバイトでの容量で表現して) 160, 180, 320, 360, 640, 720, 1200, 1232, 1440, 2880 のいずれかです。
-h heads
  ドライブのヘッド数。
-i info
  ファイルシステム情報セクタの位置 (FAT32 のみ)。 値 0xffff は、情報セクタが無いことを意味します。
-k backup
  バックアップブートセクタの位置 (FAT32 のみ)。 値 0xffff は、バックアップセクタが無いことを意味します。
-m media
  メディア記述子 (受け付ける値は、0xf0 から 0xff まで)。
-n FATs
  FAT 数。 受け付ける値は 1 から 16 までで、両端を含みます。 デフォルトは 2 です。
-o hidden
  隠しセクタの数。
-r reserved
  予約セクタの数。
-s total
  ファイルシステムサイズ。
-u track-size
  トラックあたりのセクタ数。

FAT ファイルシステムパラメータは、 実際のファイルシステムの前にある「予約」セクタの始めの、 「ブートセクタの BPB (BIOS パラメータブロック)」に置かれます。 参照のために、この構造を以下に示します。
struct bsbpb {
    u_int16_t   bps;            /* [-S] セクタあたりのバイト数 */
    u_int8_t    spc;            /* [-c] クラスタあたりのセクタ数 */
    u_int16_t   res;            /* [-r] 予約セクタ数 */
    u_int8_t    nft;            /* [-n] FAT 数 */
    u_int16_t   rde;            /* [-e] ルートディレクトリのエントリ数 */
    u_int16_t   sec;            /* [-s] 総セクタ数 */
    u_int8_t    mid;            /* [-m] メディア記述子 */
    u_int16_t   spf;            /* [-a] FAT あたりのセクタ数 */
    u_int16_t   spt;            /* [-u] トラックあたりのセクタ数 */
    u_int16_t   hds;            /* [-h] ドライブヘッド数 */
    u_int32_t   hid;            /* [-o] 隠しセクタ数 */
    u_int32_t   bsec;           /* [-s] ビッグ総セクタ数 */
};
/* FAT32 拡張 */
struct bsxbpb {
    u_int32_t   bspf;           /* [-a] FAT あたりのビッグセクタ数 */
    u_int16_t   xflg;           /* 制御フラグ */
    u_int16_t   vers;           /* ファイルシステムバージョン */
    u_int32_t   rdcl;           /* ルートディレクトリの開始クラスタ */
    u_int16_t   infs;           /* [-i] ファイルシステムの情報セクタ */
    u_int16_t   bkbs;           /* [-k] バックアップブートセクタ */
};

使用例

newfs_msdos /dev/ad0s1

デフォルトパラメータを使用し、 /dev/ad0s1 にファイルシステムを作成します。

newfs_msdos -f 1440 -L foo fd0

標準 1.44M ファイルシステムを、ボリュームラベル foo にて、 /dev/fd0 に作成します。

関連項目

disktab(5), disklabel(8), fdisk(8), newfs(8)

診断

終了状態は、成功時には 0 に、エラー時には 1 になります。

歴史

newfs_msdos ユーティリティは、最初に FreeBSD 3.0 に登場しました。

作者

Robert Nordier <rnordier@FreeBSD.org>

NEWFS_MSDOS (8) July 6, 1998

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

The most horrifying thing about Unix is that, no matter how many times you hit yourself over the head with it, you never quite manage to lose consciousness. It just goes on and on.
— Patrick Sobalvarro