tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — SWAPON

名称

swapon – ページングやスワッピングに使用するデバイスの指定

内容

書式


swapon
swapon
swapoff
swapoff
swapctl [-AhklsU] [ -a file ... | -d file ... ]

解説

swapon ユーティリティはシステムのスワップデバイスを制御するために使用されます。 ブート時、マルチユーザモードにシステムが移行するときに、 /etc/fstab の全スワップエントリが自動的に追加されます。 スワップデバイスは固定値のインタリーブを使用します。 最大のデバイス数は、カーネル設定オプション NSWAPDEV で設定され、典型的には 4 です。 優先度機構はありません。

swapon ユーティリティは、指定されたスワップデバイスをシステムに追加します。 -a オプションが使用されたときには、 "noauto" オプションが設定されていない、 すべてのスワップデバイスが追加されます。

swapoff ユーティリティは、指定されたスワップデバイスをシステムから削除します。 -a オプションが使用されたときには、 "noauto" オプションが設定されていない、 すべてのスワップデバイスが削除されます。 システム実行のために VM (メモリ + 残りのスワップデバイス) が不十分だと、 スワップデバイスの削除に swapoff ユーティリティは失敗して拒否します。 swapoff ユーティリティは、 スワップアウトされたページを削除対象のデバイスから移動させなければならないので、 一定期間システム負荷が上昇し得ます。 これは、当該デバイスにどれだけのデータがスワップされていたかに依存します。

swapctl ユーティリティは、他の BSD に親しんだ方々のためのものであり、 スワップの追加・削除・列挙に使用可能です。 swapctl では -a の用途は異なっており、 指定したデバイスリストを追加すべきことを意味することに注意してください。 -d オプションは、指定したデバイスリストを削除すべきことを意味します。 swapctl に対する -A および -U のオプションは、 /etc/fstab 中の "noauto" オプションが設定されていないすべてのスワップデバイスに作用します。

スワップ情報は、 swapinfo(8) プログラム、 pstat -s または swapctl -l で生成可能です。 swapctl ユーティリティは、スワップの列挙用に以下のオプションを取ります:
-h
  値をメガバイト単位で出力します。
-k
  値をキロバイト単位で出力します。
-l
  システムスワップの印があるデバイスを列挙します。
-s
  システムスワップのサマリ行を表示します。

特にオーバライドしなければ、 BLOCKSIZE 環境変数が使用されます。 デフォルトで、512 バイトブロックが使用されます。

診断

これらのユーティリティは、 swapon(2) に記述された理由で失敗することがあります。

関連項目

swapon(2), fstab(5), init(8), mdconfig(8), pstat(8), rc(8)

関連ファイル

/dev/{ad,da}?s?b
  標準のページングデバイス
/dev/md? メモリディスクデバイス
/etc/fstab ASCII 形式のファイルシステム記述テーブル

歴史

swapon ユーティリティは BSD 4.0 から登場しました。 swapoff ユーティリティは FreeBSD 5.1 から登場しました。

SWAPON (8) December 28, 2002

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

On two occasions I have been asked [by members of Parliament], 'Pray, Mr. Babbage, if you put into the machine wrong figures, will the right answers come out?' I am not able rightly to apprehend the kind of confusion of ideas that could provoke such a question.
— Charles Babbage