tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — TRACEROUTE6

名称

traceroute6 – IPv6 パケットが或るネットワークノードまでにたどる経路を表示する

内容

書式


traceroute6 [-dIlnrv] [-f firsthop] [-g gateway] [-m hoplimit] [-p port] [-q probes] [-s src] [-w waittime] target [datalen]

解説

traceroute6 ユーティリティは或るホストへの経路にある各ゲートウェイから ICMPv6 TIME_EXCEEDED 応答を引き出すために IPv6 プロトコル中継限界数フィールドを使います。

唯一の必須のパラメータは、終点のホスト名か IPv6 アドレスです。 デフォルトのプローブデータグラムには、IPv6 ヘッダに加えて 12 バイトのペイロードが あります。 ペイロードの長さは、終点のホスト名の後に (バイト単位で) 長さを与えることで指定できます。

その他のオプションは下記の通りです。
-d
  デバッグモードです。
-f firsthop
  トレースにおいて、何ホップをスキップするかを指定します。
-g gateway
  中間ゲートウェイ ( traceroute6 はルーティングヘッダを使用) を指定します。
-I
  UDP データグラムの代りに ICMP6 ECHO を使用します。
-l
  ホストのホスト名と数値アドレスの両方を表示します。 通常 traceroute6 コマンドは -n が指定されていない場合はホスト名のみを、 -n が指定されている場合は数値アドレスのみを表示します。
-m hoplimit
  最大ホップ数を指定します。 255 まで指定できます。 デフォルトは 30 ホップです。
-n
  数値アドレスからホスト名への解決を行いません。
-p port
  UDP ポート番号を port に設定します。
-q probes
  ホップ数あたりのプローブ回数を probes に設定します。
-r
-s src
  src を始点 IPv6 アドレスとして用います。
-v
  冗長になります。
-w waittime
  プローブ間の遅延時間を設定します。

このプログラムは、指定された終点への経路および それぞれのゲートウェイへの往復時間を、traceroute と同様の方式で表示します。

それぞれのゲートウェイへの往復時間の後ろに付けられる注釈のリストは以下です:
!N 終点到着不能 - ホストへの経路がありません
!P 終点到着不能 - 管理上禁止されています
!S 終点到着不能 - 近隣ノードではありません
!A 終点到着不能 - アドレスが到着不能です
! これは、ポート到達不能メッセージのホップリミットが 1 以下の場合、 表示されます。 この意味するところは、パケットは終点に到達したけれども、 その返答が traceroute6 の始点に返ってくるのにちょうど十分なだけの ホップリミットしか持っていなかったということです。 これは IPv4 の場合、さらに興味あるものでした。 というのも、いくつかの IP スタックのバグがこの動作によって割り出せたからです。

戻り値

traceroute6 ユーティリティは、成功時に 0 を、エラー時に 0 以外を返します。

関連項目

ping(8), ping6(8), traceroute(8)

歴史

traceroute6 ユーティリティは WIDE Hydrangea IPv6 プロトコルスタックキットで はじめて登場しました。

TRACEROUTE6 (8) May 17, 1998

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

What is this horrible fascination with Unix? The operating system of the 1960s, still gaining in popularity in the 1990s.
— Donald A. Norman