tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — COMM

名称

comm – 2つのファイルの共通な行もしくは共通でない行を出力する

内容

書式


comm [-123i] file1 file2

解説

comm ユーティリティは、 file1file2 を読み込んで(辞書的にソートされている必要があります)、 3 つのテキストカラムを出力します: それぞれ、 file1 のみにある行; file2 のみにある行; 両方のファイルにある行です。

ファイル名 ``-'' は標準入力を意味します。

オプションとしては以下のものがあります:
-1
  第 1 カラムの表示をしません。
-2
  第 2 カラムの表示をしません。
-3
  第 3 カラムの表示をしません。
-i
  行比較を大文字と小文字を区別せずに行います。

それぞれのカラムの前にタブが付属しますが、 タブの数はそのカラムより番号の若いカラムで表示されるカラムの数に等しいです。 例えば、第 2 カラムの表示をしない場合、 第 1 カラムを表示する行では先頭にタブは付属せず、 第 3 カラムを表示する行では先頭にタブが 1 つ付属します。

comm はファイルが辞書的にソートされている事を期待します; 全ての文字が行の比較に使用されるからです。

環境変数

environ(7) に記述されているように、 LANG, LC_ALL, LC_CTYPE 環境変数は comm の実行に影響を及ぼします。

診断

The utility exits 0 on success, and >0 if an error occurs.

関連項目

cmp(1), diff(1), sort(1), uniq(1)

規格

comm ユーティリティは IEEE Std 1003.2-92 ("POSIX.2") を満します。

-i オプションは、 POSIX 標準を拡張しています。

歴史

comm コマンドは AT&T v4 で登場しました。

COMM (1) July 3, 2004

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.