tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — MESG

名称

mesg – 他ユーザからのメッセージを表示する (表示しない)

内容

書式


mesg [ n | y]

解説

mesg は、他ユーザからの端末へのメッセージの書き込みを許すかどうかを 決めるためのユーティリティです。 デフォルトでは書き込みは許可されているので、 talk(1)write(1) などのプログラムを使って端末にメッセージを送ることができます。

標準入力、標準出力、標準エラーの順番で、 これら結び付けられている端末デバイスのうちの最初のものが影響を受けます。

オプションは以下のとおりです。
n メッセージを表示しません。
y メッセージを表示します。

引数なしで起動された場合、 mesg は現在のメッセージ表示の許可・不許可についての設定を、 標準出力に出力します。

使用例

現在の端末に対する他ユーザからのメッセージを禁止します:

    mesg n

ttyp1 への他ユーザからのメッセージを許可します (この端末からもあなたがログインしていると仮定しています):

    mesg y </dev/ttyp1

診断

mesg は以下のうちのいずれかを戻り値として返します。

0
  メッセージを表示します。
1
  メッセージを表示しません。
>1 エラーが発生しました。

互換性

以前のバージョンの mesg ユーティリティは、メッセージ状態を標準エラー出力に表示し、 最初に標準入力および出力のデバイスを試す前に標準エラーに 結び付けられている端末に影響を与えていました。

関連項目

biff(1), talk(1), wall(1), write(1)

規格

mesg ユーティリティは IEEE Std 1003.1-2001 ("POSIX.1") に適合しています。

歴史

mesgAT&T v1 から登場しました。

MESG (1) May 5, 2002

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Some people open all the windows; wise wives welcome spring by moving the UNIX.