tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — WRITE

名称

write – 別のユーザにメッセージを送る

内容

書式


write user [ttyname]

解説

write ユーティリティは、あなたの端末入力行を他の端末に送ることで、 他のユーザとのコミュニケーションを可能にします。

write を使ってメッセージを書くと、指定されたユーザは次のような 書き出しで始まるメッセージを受け取ります:

    Message from yourname@yourhost on yourtty at hh:mm ...

この後の行は、1行入力するたびにその内容が相手の端末にコピーされます。 もし相手が返事をしたいと思ったら、その人も write を実行して同じようにメッセージを送る必要があります。

メッセージを送り終わったら、ファイルの終り文字か割り込み文字を入力します。 相手には、通信の終りを表す ‘EOF’ が表示されます。

他のユーザからのメッセージを拒否したいときは (ただしスーパユーザからのメッセージは拒否できません)、 mesg(1) を使います。

2つ以上の端末にログインしているユーザにメッセージを送りたい場合には、 どの端末にメッセージを送るかを、 write の2番目の引数で指定することができます。 端末名を指定しなければ、もっともアイドル時間の短い端末が選択されます。 事務所でログインしたままになっているユーザが、今は自宅からモデムでログイン している場合などは、これによって正しい端末が選択されるでしょう。

write コマンドで人とやりとりする時には、次のようなプロトコルが使われてきました。 行末の ‘-o’ や、 ‘-o’ だけの行は、あなたが話す番ですよ、という意味であり、 ‘oo’ は、会話を終りにしましょうという意味になります。

関連項目

mesg(1), talk(1), wall(1), who(1)

歴史

write コマンドは AT&T v1 から登場しました。

バグ

どの文字が端末に安全に書き出せるのかを決定するのに、( write が知ることのできない) 受信者のではなく、送信者の LC_CTYPE の設定が使用されます。

write ユーティリティは、マルチバイト文字を認識しません。


WRITE (1) July 17, 2004

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

To err is human...to really foul up requires the root password.