tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — PWD

名称

pwd – ワーキングディレクトリの表示

内容

書式


pwd [-L | -P]

解説

pwd ユーティリティは、 現在のワーキングディレクトリを絶対パスで標準出力に出力します。

シェルによっては、本ユーティリティと似たまたは同じ、組み込みの pwd コマンドを提供しているものがあります。 builtin(1) マニュアルページを参照してください。

オプションは次の通りです:
-L
  論理的な現在のワーキングディレクトリを表示します。
-P
  物理的な現在のワーキングディレクトリを表示します (すべてのシンボリックリンクが解決されます)。

オプションを指定しないと、 -P オプションが仮定されます。

環境変数

pwd が使用する環境変数は次の通りです:
PWD 論理的な現在のワーキングディレクトリ。

診断

The utility exits 0 on success, and >0 if an error occurs.

規格

pwd ユーティリティは IEEE Std 1003.1-2001 ("POSIX.1") に適合しています。

関連項目

builtin(1), cd(1), csh(1), sh(1), getcwd(3)

バグ

csh(1) の内部コマンド dirs の方が高速です。なぜなら、シェル組み込みだからです。 しかし、まれに違う答えを返します。 それは、シェルでカレントディレクトリに移動した後に、 カレントディレクトリかその祖先ディレクトリが移動 (訳注: mv) された場合です。

PWD 環境変数をシェルがエクスポートしていない場合、 -L オプションは動作しません。


PWD (1) April 12, 2003

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

The “N” in NFS stands for Not, or Need, or perhaps Nightmare
— Harry Spencer