tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — RLOGIN

名称

rlogin – リモートログイン

内容

書式


rlogin [-468DEd] [-e char] [-i localname] [-l username] host

解説

rlogin ユーティリティは、リモートホスト host 上で端末セッションを開始します。

rlogin ユーティリティはまず最初に、 以下に述べる Kerberos 認証メカニズムの使用を試みます。 もしリモートホストが Kerberos をサポートしていなければ、 標準的な Berkeley rhosts 認証メカニズムが用いられます。

オプションは以下の通りです:
-4
  IPv4 アドレスのみを使用します。
-6
  IPv6 アドレスのみを使用します。
-8
  常に 8 ビットの入力データパスを有効にします。 -8 オプションを指定しなければ、 リモート側のストップ/スタートキャラクタが ^S/^Q の場合を除き、 パリティビットが取り除かれます。
-D
  ソケットオプション TCP_NODELAY を有効にします。 ネットワーク負荷を高めますが、対話の応答性が向上します。
-E
  いかなるキャラクタもエスケープキャラクタとして認識されないようにします。 -8 オプションと組み合わせて用いると、 完全に透過的なコネクションとなります。
-d
  リモートホストとの通信に用いる TCP ソケットの ソケットデバッグ機能 ( setsockopt(2) 参照)を有効にします。
-e
  エスケープキャラクタを指定します。デフォルトは "~" です。 指定はリテラルキャラクタあるいは \nnn 形式の 8 進数で行います。
-i
  認証に使用する別のローカル名を、呼び出し元が指定可能です。 本オプションは、UID 0 のプロセスのみに制限されます。
-l
  リモートログインに別の username を指定します。 このオプションを指定しないと、ローカルなユーザ名を使用します。

"<escape char >." という形式の行を入力すると、 リモートホストから切断します。 同様に "<escape char >^Z" という行を入力すると rlogin セッションを中断し、 "<escape char ><delayed-suspend char >" を入力すると rlogin の送信部分のみ中断し、リモートシステムからの出力は有効に保ちます。 デフォルトでは <escape char> はチルダ ("~") であり、 <delayed-suspend char> は普通 control-Y ("^Y") です。

エコーは全てリモートサイト側で行われ、(遅延を除き) rlogin は透過的です。 ^S/^Q によるフロー制御や割り込み発生時の入出力のフラッシュは 正しく処理されます。

KERBEROS 認証

各ユーザはホームディレクトリの .klogin ファイル中に各個人の認証リストを持つことができます。 このファイルの各行は principal.instance@realm という形式で Kerberos の principal 名を持っています。 もし最初のユーザが .klogin 中のある principal 名に認証されれば、 そのアカウントでのアクセスが許可されます。 もし .klogin ファイルが存在しなければ、次の principal accountname.@localrealm でのアクセスが許可されます。 これ以外の場合、 login(1) の場合と同様、リモートマシンにおいてログインとパスワードのプロンプトが 表示されます。 いくつかのセキュリティ問題を回避するため、 .klogin ファイルはリモートユーザの所有としなければなりません。

Kerberos 認証に失敗すると、警告メッセージが表示され、 標準的な Berkeley rlogin 方式が用いられます。

環境変数

rlogin では以下の環境変数が用いられます:
TERM ユーザの端末タイプを決定します。

関連項目

login(1), rsh(1), telnet(1), setsockopt(2), kerberos(3), krb_realmofhost(3), krb_sendauth(3), ruserok(3), tty(4), auth.conf(5), hosts(5), hosts.equiv(5), rlogind(8), rshd(8)

関連ファイル

/etc/hosts
/etc/hosts.equiv
/etc/auth.conf
$HOME /.rhosts
$HOME /.klogin
 

歴史

rlogin コマンドは BSD 4.2 から登場しました。

IPv6 サポートを WIDE/KAME プロジェクトが追加しました。

バグ

rlogin ユーティリティは近い将来 telnet(1) に置き換えられるでしょう。

より多くの環境が引き継がれるべきです。


RLOGIN (1) September 26, 2003

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.