tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — WHO

名称

who – 誰がシステム上にいるかを表示する

内容

書式


who [-HmqsTu] [ am I] [file]

解説

who ユーティリティは、現在ログインしている全ユーザについて情報を表示します。 デフォルトでは、ログイン名、端末名、ログインした日時、 ローカルでない場合はホスト名が含まれます。

オプションは以下の通りです:
-H
  コラムの見出しを出力の上に表示します。
-m
  標準入力に接続された端末情報のみを表示します。
-q
  "高速モード": ログインユーザの名前と数をコラムに表示します。 他のコマンドラインオプションはすべて無視されます。
-s
  名前、回線、時刻フィールドのみを表示します。 これがデフォルトです。
-T
  各ユーザがメッセージを受け付けているかどうかを表示します。 次のいずれかの文字が表示されます:

+ ユーザはメッセージを受け付けています。
- ユーザはメッセージを受け付けていません。
? エラーが発生しました。
-u
  各ユーザに関して、アイドル時間を、時間と分の hh:mm の形式、アイドル時間が 1 分未満の場合は ‘.’ の形式、アイドル時間が 24 時間を越える場合は "old" の形式で表示します。
am I -m と同じです。

who はデフォルトで /var/run/utmp を調べますが、 file が指定された場合、そのファイルからユーザ情報を得るようにします。 file には、普通、 /var/log/wtmp を指定します (あるいは、サイトの方針次第ですが、 /var/log/wtmp.[0-6] であるかもしれません。というのも、 wtmp ファイルは大変大きくなるかもしれないので、 ac(8) によって圧縮した後には、 日毎のファイルを保存していない場合もあるからです)。 wtmp には、最後に wtmp を作成するか、またはそのファイルサイズを 0 にして以来の 全てのログイン、ログアウト、クラッシュ、シャットダウン、および date コマンドでの日時の変更が記録されています。

/var/log/wtmp ファイルが記録ファイルとして使用されている場合には、 ユーザ名は空、あるいは特殊文字 '|', '}', '~' のうちの ひとつであるかもしれません。その際には、ログアウトすることで、ユーザ名 が記録されていない出力行を生成します。より詳しくは、 utmp(5) を参照してください。

環境変数

COLUMNS, LANG, LC_ALL, LC_TIME の環境変数が、 environ(7) の記述通りに、 who の実行に影響します。

関連ファイル

/var/run/utmp
/var/log/wtmp
/var/log/wtmp.[0-6]
 

診断

The utility exits 0 on success, and >0 if an error occurs.

関連項目

last(1), users(1), w(1), utmp(5)

規格

who ユーティリティは IEEE Std 1003.1-2001 ("POSIX.1") に適合しています。

歴史

who ユーティリティは AT&T v1 から登場しました。

WHO (1) May 8, 2002

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.