tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — FSINFO

名称

fsinfo – サイト規模 (サイト単位) のファイルシステム情報の管理

内容

書式


fsinfo [-qv] [-a autodir] [-b bootparams_prefix] [-d dumpsets_prefix] [-e exports_prefix] [-f fstabs_prefix] [-h hostname] [-m automounts_prefix] [-I dir] [ -D name[=string] ] [-U name] config ...

解説

fsinfo は、システム設定ファイルを読み込んで、 amd(8), mount(8), mountd(8) の管理情報 (設定ファイル) を生成します。

次のオプションを使用可能です:
-a autodir
  自動マウンタのマウントポイントのディレクトリ名を指定します。 デフォルトは /a です。
-b bootparams_prefix
  bootparams ファイルのプレフィックスを指定します。 指定しないと、このファイルは生成されません。 このファイルは、対象マシン用に構成され、 bootparams_prefix 文字列が前に付く bootparams という名前のファイルに置かれます。 生成されたファイルは、 対象マシンから起動可能なディスクレスクライアントを記述した エントリのリストです。
-d dumpsets_prefix
  dumpsets ファイルのプレフィックスを指定します。 指定しないと、ファイルは生成されません。 このファイルは対象マシン用であり、 dumpsets_prefix 文字列が前に付く dumpsets という名前のファイルに置かれます。 このファイルは Imperial College のローカルバックアップシステムに使用されます。
-e exports_prefix
  exports ファイルのプレフィックスを定義します。 指定しないと、このファイルは生成されません。 設定ファイルでディスクを持つものとして定義される各マシンに対して、 exports ファイルが構築され、マシン名の前に exports_prefix 文字列を付けた名前が与えられます。 マシンがディスクレスとして定義される場合、 このマシンに対してはファイルは生成されません。 これらのファイルは、そのマシン上のディレクトリで、 クライアントに対してエクスポートするものに関するエントリを含みます。
-f fstabs_prefix
  fstab ファイルのプレフィックスを定義します。 このプレフィックスが定義された場合のみ、このファイルが生成されます。 設定ファイル中で定義される各マシンに対し、 fstab ファイルを生成し、マシン名の前に fstabs_prefix 文字列を付けた名前を与えます。 これらのファイルは、 ブート時にマウントするファイルシステムとパーティションに関するエントリを 含みます。
-h hostname
  処理対象マシンのホスト名を定義します。 指定しないと、 gethostname(3) が返すローカルマシン名になります。
-m automounts_prefix
  自動マウンタファイルのプレフィックスを定義します。 このオプションを指定した場合のみ、マップが生成されます。 設定ファイルで定義されるネットワーク用のマウントマップは、 各マップの名前の前に automounts_prefix 文字列を付けた名前のファイルに置きます。
-q
  静かなモードを選択します。 生成されたエラーメッセージだけが表示されます。
-v
  冗長モードを選択します。 これが有効になると、より多くのメッセージが表示され、 意味解析フェーズ実行時に発見したすべての情報を表示します。 各冗長メッセージは標準出力に出力される際、文字 `#' で開始します。
-D
  name[=string] 設定ファイルを読み込むときのプリプロセッサ用に、シンボル name を定義します。 #define ディレクティブと等価です。
-I dir
  このオプションは、設定ファイルのためにプリプロセッサに渡されます。 インクルードファイルを探すディレクトリを指定します。
-U name
  シンボル name の初期定義を除去します。 -D オプションの逆です。
config
  1 個以上の設定ファイルを fsinfo の入力として渡します。

fsinfo コマンドの詳細は、 Amd - The 4.4BSD Automounterinfo(1)amd セクションに記述されています。

関連項目

amd(8), mount(8), mountd(8)

歴史

fsinfoBSD 4.4 ではじめて登場しました。

FSINFO (8) June 26, 1999

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

C isn't that hard: void (*(*f[])())() defines f as an array of unspecified size, of pointers to functions that return pointers to functions that return void